アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ターフの風〜これが史上に残る三冠の脚〜
ブログ紹介
過去から未来まで競馬の話をしましょう

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
第59回AJC杯
第59回AJC杯 常に一線級と戦いながらもG1に届かない馬がいままで何頭もいた。この馬もその一頭。未勝利以外はすべて重賞勝ち。G1での1番人気が1度、2番人気が2度、3番人気が2度、でも勝てず。普通は古馬になると落ち着くものだが、古馬になってから行きたがるようになってきた。そんな気性が邪魔をしていたのも事実。差して結果を出してきただけに、騎手が力で抑え込んでの苦心の騎乗が続いていた。そんな精彩を欠いた近走を嫌気してか9頭立てにもかかわらず6番人気に甘んじた。ゲートが開くといつも通りの好スタートを切ったのちのJ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/20 23:45
「第65回日経新春杯」回顧
「第65回日経新春杯」回顧 「第65回日経新春杯(追記)」について 結果 1着Fパフォーマプロミス M.デムーロ 2:26.3 2着Aロードヴァンドール 3着Hガンコ 4着Gミッキーロケット 5着@サンタフェチーフ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/14 20:57
第65回日経新春杯(追記)
第65回日経新春杯(追記) やっとつながったので追記してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/01/14 03:05
第65回日経新春杯
第65回日経新春杯 予想を書いたがビッグローブのコンディションが悪いのか全然書き込めない。 長文の力作を2度も消された、ムカッ! よって今日は印だけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/13 23:09
「第67回中山金杯」回顧
「第67回中山金杯」回顧 「第67回中山金杯」について 結果 1着Eセダブリランテス 戸崎圭太 1:59.8 2着@ウインブライト 3着Jストレンジクォーク 4着Fブラックバゴ 5着Hダイワキャグニー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 17:04
第67回中山金杯
第67回中山金杯 さあ、新しい年のスタート。毎年金杯と言えば正月5日と決まっているものと思いきや今年は6日、さらにいきなりの3日開催。ゆっくり休みを取ることもできずにJRAの罠にはまっていく自分がいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/01/05 23:26
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます 昨年は宝塚記念でユタカくんが飛んでくれたお蔭で年間回収率125%とプラス収支で終えることができました。ユタカくんからの馬券も珍しく200%超えの回収率と良いも悪いもユタカくんにお世話になった1年でした。 一方で、菊花賞のように予想しながら買い漏らした馬券もあり、反省もたくさんあります。こんな拙い予想ですが、レースによっては50以上のアクセスがあり、こちらが驚いたこともありました。 今年も我がまま勝手な予想を書きますが、お付き合いいただける方はどうぞ嘲笑って気軽に読んでいただけたら嬉しいで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 18:37
「第34回ホープフルステークス」回顧
「第34回ホープフルステークス」回顧 「第34回ホープフルステークス」について 結果 1着Fタイムフライヤー C.デムーロ 2:01.4 2着Nジャンダルム 3着Lステイフーリッシュ 4着Hサンリヴァル 5着Pナスノシンフォニー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 01:04
第34回ホープフルステークス
第34回ホープフルステークス 今年からG1に昇格したこのレースだが、前身はラジオNIKKEI2歳ステークスなんだそうな。オールドファンにとってはホープフルと言ったら有馬記念の日の3歳(現2歳)のオープン特別だ。25年前は札幌ウインズにいた。デビュー戦こそ函館の不良馬場で敗れたがその後連勝してクラシック候補の一角となった圧倒的1番人気のレースぶりとそれに対する1頭の馬を見たかった。現役時代は大柄なマルゼンスキーの牝馬だった母はアンフィニィといい準オープンまで行ったと記憶している。大好きな黒鹿毛だった。その2番仔がこの馬だっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2017/12/27 23:59
「第62回有馬記念」回顧
「第62回有馬記念」回顧 「第62回有馬記念」について 結果 1着Aキタサンブラック 武豊 2:33.6 2着Bクイーンズリング 3着Iシュヴァルグラン 4着Mスワーヴリチャード 5着Jルージュバック ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/12/24 17:44
第62回有馬記念
第62回有馬記念 5歳の有馬記念を引退レースにすると発表して、秋天→JC→有馬のローテーションを組んだG1馬が4頭。各レースでの着順と有馬での人気は以下のとおり。 テイエムオペラオー 2→2→5着(1番人気) ゼンノロブロイ 2→3→8着(2番人気) ブエナビスタ 4→1→7着(2番人気) ジェンティルドンナ 2→4→1着(4番人気) キタサンブラック 1→3→?着(1番人気) ジェンティルのレースは予てから言っているとおり、抽選段階からのデキレースなので対象外とすると、その上の3頭はすべて引退レース... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2017/12/23 23:41
「第69回朝日杯フューチュリティーステークス」回顧
「第69回朝日杯フューチュリティーステークス」回顧 「第69回朝日杯フューチュリティーステークス」について 結果 1着@ダノンプレミアム 川田将雅 1:33.3 2着Iステルヴィオ 3着Bタワーオブロンドン 4着Dケイアイノーテック 5着Kダノンスマッシュ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/17 18:48
第69回朝日杯フューチュリティーステークス
第69回朝日杯フューチュリティーステークス 1976年にこのレースで作った3歳(現2歳)馬の当時驚異的なレコードタイム1:34.4。叩きだしたのはニジンスキーの持ち込み馬マルゼンスキーだった。持ち込みとはいえ日本で生まれ、日本で調教された馬がなぜダービーに出られない。大外でいい、他馬の邪魔はしないからダービーに出させてくれという中野渡の涙の訴えも認められなかった。それから13年後のバブル真っ只中のこの年、一つの出来事が起きる。レースは快速牝馬サクラサエズリの逃げで始まる。テンの3Fは33.7秒、2F目、3F目はともに10秒台と快調なラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/12/16 22:04
「第69回阪神ジュベナイルフィリーズ」回顧
「第69回阪神ジュベナイルフィリーズ」回顧 「第69回阪神ジュベナイルフィリーズ」について 結果 1着Jラッキーライラック 石橋 1:34.3 2着Fリリーノーブル 3着Cマウレア 4着Gトーセンブレス 5着Oモルトアレグロ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/12/10 19:07
第69回阪神ジュベナイルフィリーズ
第69回阪神ジュベナイルフィリーズ かつて東西の3歳(現2歳)G1が両方とも牡馬牝馬混合戦だった。東が牡馬、西が牝馬になったのは91年のこと。26年前だ。名称は阪神3歳牝馬ステークス。最初の勝ち馬は札幌デビューで新馬戦も札幌3歳ステークスも間近で見ていた。3戦目のデイリー杯も勝ってこのレースを迎えた。初戦こそ逃げたが、2戦目以降はすっと好位につけると楽に抜け出しての圧勝を続けた。この日もそれを期待して1番人気。ところがスタートで後手を踏む。少しあわてて追い上げた感じで番手につけると直線で抜け出したが、後続に迫られて何とかしのぎ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2017/12/09 21:51
「第18回チャンピオンズカップ」回顧
「第18回チャンピオンズカップ」回顧 「第18回チャンピオンズカップ」について 結果 1着Hゴールドドリーム R.ムーア 1:50.1 2着Lテイエムジンソク 3着@コパノリッキー 4着Aケイティブレイブ 5着Jアウォーディー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 17:10
第18回チャンピオンズカップ
第18回チャンピオンズカップ 東京2100mのジャパンカップダートから場所が変わり距離が変わり、現在の中京1800mになって4年目を迎えた。中京最初の年こそ先行勢が残ったが、昨年・一昨年はコパノリッキーの参戦で先行争いが激化して差し・追い込み勢が台頭している。今年もコパノリッキーは参戦しているが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2017/12/02 22:51
「第37回ジャパンカップ」回顧
「第37回ジャパンカップ」回顧 「第37回ジャパンカップ」について 結果 1着@シュヴァルグラン H.ボウマン 2:23.7 2着Aレイデオロ 3着Cキタサンブラック 4着Jマカヒキ 5着Mアイダホ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/26 18:28
第37回ジャパンカップ
第37回ジャパンカップ 「あごあしつき」の物見遊山御一行様に軽くひねられていた創成期のジャパンカップの日本馬。枯れた芝コースを見て「ターフはどこにあるのか」と馬鹿にされ、硬い芝を「コンクリート」と酷評されたこともあった。でも、全く勝負にならなかった。この年も白旗ムードの中、華麗なる一族ハギノカムイオーの軽快な逃げでレースは始まった。カムイオーは出だしこそよかったが3角で後続が押し寄せるとずるずると後退し、直線は前4・5頭の壮絶な叩き合いだった。最後は3頭が重なるようにゴール板。勝ったのはアイルランドのスタネーラ。2... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2017/11/25 21:51
「第34回マイルチャンピオンシップ」回顧
「第34回マイルチャンピオンシップ」回顧 「第34回マイルチャンピオンシップ」について 結果 1着Qペルシアンナイト M.デムーロ 1:33.8 2着Jエアスピネル 3着Cサングレーザー 4着Hレーヌミノル 5着Kイスラボニータ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 20:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

ターフの風〜これが史上に残る三冠の脚〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる