ターフの風〜これが史上に残る三冠の脚〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「第13回ヴィクトリアマイル」回顧

<<   作成日時 : 2018/05/13 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第13回ヴィクトリアマイル」について
画像
結果
1着Cジュールポレール 幸英明 1:32.3
2着Oリスグラシュー
3着Eレッドアヴァンセ
4着Iアエロリット
5着Aミスパンテール

パンパンの良馬場のはずが降雨が想定よりも早く、雨の中で馬場は稍重まで悪化。これが微妙にレースに影響した。先手を取ったのはFカワキタエンカ。Mリエノテソーロが好スタートだったが控えたのですんなりハナを切り、内のDレーヌミノルと外のIアエロリットが競りかけなかったのですぐに隊列が決まって落ち着いた流れに。テンの3Fは35.2秒。平均より遅いくらい。先頭集団の直後にEレッドアヴァンセ、@レッツゴードンキ、間にBラビットランで先団を見る形。中団前目にCジュールポレールとAミスパンテール。HソウルスターリングとJアドマイヤリードが続いて、Oリスグラシューがその後ろの中団の後方でレースを進めた。
直線に入ると早くも外からアエロリットがカワキタエンカを交わしにかかり、内ラチ沿いからはレーヌミノルが並びかける。坂の上りでレッドアヴァンセがアエロリットを捕えて先頭に立つと、外目に持ち出したジュールポレールが迫り、さらに外からリスグラシューが襲い掛かり、3頭ならんでゴール板だった。
ハナ差で勝ったのはジュールポレール。中団待機からうまく抜け出した。少し渋ってくれたことで切れる馬たちの脚が他少なりとも封じられて助けられた部分もあるが、幸がインで我慢して直線だけ外目に出してコースを確保した。これ以上速い競馬では対応できなかったと思うのでギリギリ凌いだ感じ。2着のリスグラシューはまたしても、って感じで残念なレースだったが外からいい脚を使ってユタカ渾身の騎乗だったと思うがわずかに届かなかった。負けたとはいえ16番枠でよく走った。コースも距離も馬場状態も苦にせずに好走するこの馬には本当に頭が下がる。「また負けちゃったけど、君が一番強かったよ」と声をかけてあげたい。3着レッドアヴァンセはオーナーサイドがエリモピクシー産駒は今開催出走の3頭すべて自信があるというだけあった内容。こちらもあわやだった。状態がいいのは聞いていただけに、ジュールポレール同様、微妙な量の雨が有利に働いた。
人気のアドマイヤリードは雨で単勝は急上昇していたが、この馬は1分33秒を切れない馬なのかもしれない。同じ稍重でも昨年のような力がいる馬場で他馬が馬場を気にしてくれないと勝ちきれないと思う。それにあの位置どりではどうやっても届かない。アエロリットには涙雨。良馬場では1度も連対を外していない7戦パーフェクト連対。連を外したのは3度目だがすべて馬場が渋った時。運がなかった。

馬券はパンパンの良馬場を前提に考えていたので、雨が早くてついていけなかった。予想でもなんとか天気は持つと思ったので前年の好走馬は基本的に消した。結果、拾えたのはリスグラシューとレッドアヴァンセのワイドだけだった。今日は仕方ない。

来週末も雨っぽいがどうなることやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「第13回ヴィクトリアマイル」回顧 ターフの風〜これが史上に残る三冠の脚〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる