第26回函館スプリントステークス

画像
本州の梅雨空を吹き飛ばすようにきれいに晴れ渡るこの時期の函館競馬場。例年なら羨ましいと思う青空がみられるはずだが、今週末は函館まで雲が行ってしまったよう。洋芝、雨、開幕週といろいろな要素が絡み合う。さらに、いきなり来た禁止薬物使用による大量出走取り消し。これでは競馬にならない。どうなることやら。

◎②ペイシャフェリシタ
〇⑪アスターペガサス
▲⑬タワーオブロンドン
△⑩カイザーメランジェ

馬場状態:稍重~重馬場(天気予報は時間が経つにしたがって降り始めが遅くなっているし、雨量も少なってきているがレースまでには30mm位ありそう。)
  函館:1回函館開催6日間全3週Aコース(1週目)
  東京:3回東京開催8日間後2週Dコース(1週目)
  阪神:3回阪神開催8日間後2週Bコース(1週目)

展開:この大量取り消しでハナを切るのは⑦ダイメイフジか。ただ、この少頭数になるとあまり展開も影響が少なくなりそう。問題は位置取りと馬場状態か。最後尾から行ってもコース取りの不利はない。あとは馬場がどこまで悪化するかと重馬場の巧拙だけ。

本命は②ペイシャフェリシタ。重馬場経験の少ない馬が多いが、この馬は実績あり。内枠を生かして、馬場が悪化すればチャンス。

相手には⑪アスターペガサス。いかにもアメリカンな配合のスピード馬。力的には少し足りない感じだが、52kgの恩恵と渋った馬場、洋芝も味方にできれば勝つチャンスも充分。

3番手は⑬タワーオブロンドン。末脚は確かだが、重馬場経験なし。差し馬、小回り、洋芝と不利な点が多い。札幌1500mを勝っているがその時は逃げている。札幌1500mを逃げ切るのは並みの馬ではできないのは確かだが、距離も含めて不安が多い。もちろん、力は抜けているのでコンディションなど関係なしに楽勝するかもしれない。

まさかがあるなら⑩カイザーメランジェ。近走勝ててはいないが、大きく負けてはいない。重馬場で時計がかかるとひょっとして。

あとは少し実力差があるように思うので、今回は3頭(+1頭のおまけ)だけ。
ちょっと見るレースになってしまった感じなのは残念。
Good Luck!

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2019年06月16日 09:22
おはようございます。
なんじゃこりゃ?
選挙で惨敗した政党か?
と思うような出馬表(笑)
雨さえ降らなきゃダイメイフジ
軸だったのですが、微妙かな・・・
やる気も半減なので
タワーオブロンドン頭で
2・7・11に3連単を少々

ユニコーンS
素直に8から
3・4・6・11へ3連複

どちらも見物料ですね(^^;
2019年06月16日 13:22
ロバノパンヤさま
函館スプリント勝負と思っていたので、ユニコーンは見ていなかったらこんなことに。雨、多頭数、小回り、大外でロンドンが飛んで美味しい馬券のはずだったんですが。
東京ダートは内から乾くはずなので、外側の方が締まった状態がつづくはずなので、外差しが決まりやすい状態だと思います。買うなら差し馬ですね。
函館は雨が予報よりも降らなかったのですんなり人気どおりでしょう。パンパンの良馬場がいいダイメイフジには微妙な状態ですね。いずれにしてもやる気半減ですね。

この記事へのトラックバック

  • 「第26回函館スプリントステークス」回顧

    Excerpt: 「第26回函館スプリントステークス」について 結果 1着⑩カイザーメランジェ 江田照男 1:08.4 2着⑪アスターペガサス 3着⑬タワーオブロンドン 4着⑦ダイメイフジ 5着②ペイシャフ.. Weblog: ターフの風~これが史上に残る三冠の脚~ racked: 2019-06-17 00:23