「第55回函館記念」回顧

illustrain06-uma04_20170604172639.png

結果
1着④マイスタイル 田中勝春 1:59.6
2着⑥マイネルファンロン
3着⑩ステイフーリッシュ
4着⑤ドレッドノータス
5着②アメリカズカップ

⑥マイネルファンロンを抑えて、ハナを切ったのは④マイスタイル。カツハルが軽く気合いをつけるとすっと出て、外側の⑤ドレッドノータスと⑥マイネルファンロンは控えた形。さらに外から早めに⑩ステイフーリッシュが続く。その直後、最内に①レッドローゼス、外に⑯エアスピネル、間に②アメリカズカップ。少し開いて、⑨ポポカテペトルと⑬アーバンキッドが並走し、その後方に⑮ゴールドギア、⑧メートルダール、⑭ナイトオブナイツ、⑦カルヴァリオが一塊で続く。さらにスタートで後手を踏んだ③ブラックバゴが外めに持ち出して上がっていく。最後方は追い込みの⑫スズカデヴィアス、⑪マイネルサージュという形。予想以上にマイスタイルが引っ張ってテンの3Fは35.4秒。

バックストレッチでもペースは緩まず、マイスタイルが2番手のマイネルファンロンに5馬身、さらに3番手ドレッドノータスにも5馬身くらいの差をつけて1000mの通過は59.8秒。洋芝を考えると少し速い。フジテレビで現地解説のアンカツの「速い」という言葉をマイクが拾う。3角回ると後続がペースを上げ、マイスタイルのリードはみるみるうちになくなる。

4角ではマイネルファンロンがマイスタイルに並び、少し前に出て直線へ。短い直線で外からかわされかけたマイスタイルがインから差し返す。200mを切ると2頭のマッチレース。最後はマイスタイルがクビだけ競り勝った。

勝ったマイスタイルは好スタートからハナを切って平均ペースでラップを刻んで見事な逃げきりだっが。出色なのは3角で一旦息を入れたこと。一気に差が詰まったが直線で再加速。きっちり差し返して見せた。速いかと思った逃げも平均ペースでさらに後続に大きな差をつけてのものだっただけにカツハル渾身の完璧な騎乗だった。函館記念の1番人気連敗が止まった。お見事!2着のマイネルファンロンは逃げずに番手でレースをしたがあれだけ離れてレースをすれば道中は逃げたのと同じマイペース。直線では一旦先頭に立ったが、2kg軽くて逆転されては、最後は地力の差。展開が味方したのは確かだが馬も確実によくなっていた。3着ステイフーリッシュは好位で進めたが、道中で前との差が大きかった。57.5kgを考えると位置取りが大きかった。4着ドレッドノータスは勝ちパターンの位置取りだったが、差せずにバテる残念な結果。力の差か洋芝の得手不得手の問題か。

馬券は、ペースこそ若干違ったが、予想どおりの前残りでしっかりゲット。◎マイスタイルが連敗中の1番人気になってしまって不安だったが勝ってくれて、さらに▲マイネルファンロン激走。馬連・3連複をゲット。特に3連複は3着がドレッドよりステイの方が配当がいいという嘘のような結果で万馬券ゲット。ラッキー!!
七夕賞から2週連続勝つのも、函館記念を2年続けて当てるのも初めての快挙(笑)

1番人気が勝ったがデータは生きている。
①勝ち馬は3番から8番ゼッケン(マイスタイル4番)
②勝ち馬の単勝4倍以上10倍未満(マイスタイル5.0倍)
③勝ち馬は2番人気から5番人気(マイスタイル1番人気)
 →1番人気から5番人気に修正
④7番人気・8番人気の複勝50%(マイネルFは9番人気17.6倍)
 →今年は残念。でもこのあたりが狙い目(8番人気のメートルダール17.5倍とは0.1倍差だった)

来年もあたりますように!

この記事へのコメント