第61回宝塚記念

uma_e03.png

上りの勝負と言われるレースがあるのとは反対に、上りがかかるレースが宝塚記念の特徴。いわば、切れない馬、脚が遅い馬にチャンスがあるのがこのレース。もちろん、梅雨時のレースであるからパンパンの良馬場は望みにくいのも確かだが厳しい流れになりやすい傾向。それは、過去5年で3回の稍重レースがあるが、時計は2分11秒から12秒台ながら、上りはすべて35秒以上かかっている。5年前にラブリーデイが勝ったレースだけは34秒台だが、これは良馬場で勝ち時計が2分14秒台という超スローペースに依るもの。切れなくてもへこたれない馬にチャンスがある。

◎③グローリーヴェイズ
◯⑯クロノジェネシス
▲⑱ブラストワンピース
△⑤サートゥルナーリア
△⑪ラッキーライラック
△⑭キセキ
△⑰カデナ

馬場状態:良~稍重馬場(土曜日の時点では曇りで良馬場の阪神は夜から日曜日午前中にかけて降雨がありそう。週中は晴れて気温の高い日が続いていたので馬場は乾いていたが、この雨はどの程度影響を与えるか。稍重で少し時計のかかるフラットな馬場とみておく。)
  阪神:3回阪神開催8日間後1週Bコース(1週目)
  東京:3回東京開催8日間後2週Dコース(2週目)
  函館:1回函館開催6日間全3週Aコース(3週目)

展開:普通に行ければハナを切るのは⑭キセキだが、前走だけで出遅れ癖が解消したとは言い切れず、内側の⑬ダンビュライトが逃げることになるかも。⑮スティッフェリオもいるので、先行は7枠3騎か。それに続くのが、⑪ラッキーライラック、③グローリーヴェイズ、⑦ワグネリアン、⑤サートゥルナーリアか。あるいは、7枠3騎が行ってくれると、それについていく形で⑯クロノジェネシスは案外前のポジションが取れるかもしれない。馬場はコース替わりで内側がいいが、雨に降り方で次第で外差しが利かなくなるか、それをジョッキーが察して早仕掛けで差しが届くか。展開自体が難解。

本命は③グローリヴェイズ。フラットな馬場であれば、内枠は有利になる。昨年の天皇賞春の実績と香港でラッキーライラックを子ども扱いにしていることを考えれば充分主役を張れるはず。上り時計勝負になりにくいレースでもあり、昨年のリスグラシューに一番近いのはこの馬。休み明けがどうかだが、そこはノーザンファームでの仕上げを信じる。休み明けで嫌われるなら、思い切ってこの馬から入る。

相手には⑯クロノジェネシス。大阪杯の敗戦はラッキーライラックとの枠順の差とコース取り。圧倒的にインが有利な馬場で外を回らされた分だけ。馬場がフラットで、7枠3騎が前に抜けてくれれば、ラッキーライラックとはほぼ同じポジションでレースができる。ならば、今度はこちらが上。さらに、馬場が渋ればラッキーライラックに先着を許すことはあるまい。

3番手は⑱ブラストワンピース。典型的な1着あって2着なしタイプ。大外枠で阪神内回りで大阪杯同様人気を裏切る要素はありありなのだが、少し時計のかかる切れよりもスピードの持続力を要求されるレースでは強さを発揮する馬なので一発を期待。このレースを連勝したゴールドシップとイメージが重なるので、力でねじ伏せる強さを発揮するか、惨敗か、川田の手綱に注目。

押さえに⑤サートゥルナーリア。金鯱賞のように切れ味で勝負できるレースにはならないと思うので、評価を下げた。雨が加わるとなおさら。枠がいいので、馬場を苦にしなければ着はあるような気もするが少し危険な人気馬という気がする。
もう1頭は⑪ラッキーライラック。こちらはサートゥルナーリア以上に危険度が高い。馬場が渋ると完全に消した方がいいかもしれないが、仮に良馬場でも押さえ以上の評価はできない。

穴は極端なレースが嵌ったケース。
⑭キセキの逃げ残り。きちんといい子のレースをすれば、勝つこともできるはず。実力ならアーモンドアイ以外には負けていない。復活に期待。
もう1頭は⑰カデナ。大阪杯の完全前残りを最後方から4着に突っ込んだ。今回、万が一、早仕掛けで上りが厳しいレースになり、なおかつインが悪くなかった場合、イチかバチかインに飛び込んだらアッと驚かされることも。大阪杯での教訓が生きるシーンもありうる。

馬場によって、展開によって、どうにでも結果が変わってきそう。かつてはパーシャンボーイの大駈けで、マヤノトップガン - サンデブランチで、ラブリーデイ - デニムアンドルビーで、サトノクラウン - ゴールドアクター - ミッキークイーンで大幅プラスを達成したレース。運があることを祈る。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2020年06月28日 12:11
こんにちは
1強?3強?4強?
穴候補も多数で面白いレースになりそうですね。
一応候補としてカデナが筆頭としていたのですが
逆転までと考えるとちょっとなぁ・・・
ならばここにきて充実なのはスティッフェリオか?
番手での競馬も身についてきた今なら天皇賞同様先行抜け出し
で振り切れないか?
あとはデキのよさそうなトーセン2騎、先行勢のダンビュライト
松山テンゲン、池添のモズ
3着までなら何でもアリかも?
とは言え、キリがなくなるのでやっぱりサートゥルナーリア
から入ります(笑)
お楽しみはスティッフィリオ
単複とサートゥルとの馬連・ワイド
5-3・7・11・14・15・16・17・18
節操ありませんが、3連複流し
穴候補で切り捨てた5頭に来られたら立ち直れないかも(^^;
タグハイヤー
2020年06月28日 13:34
こんにちは。
現在、良馬場に回復した阪神競馬場。
8枠好みの馬場かも知れませんね。
ということで、ジェネシスから入ります。
⑯→➂・➄・⑪→➂・➄・➆・⑪・⑭・⑱
で、夢を託します。
2020年06月28日 13:42
ロバノパンヤさま
正直なところ、何が来るのかわからないので、好きな馬を買うのが一番いいのかなあ、なんて思っています。サートゥルナーリアはどんなレースをするんでしょうね。楽しみです。
それにしても、内枠が怖い気がしますが。消した1番とか。
2020年06月28日 13:47
タグハイヤーさま
細江さんがクロノジェネシスの馬体の変化を「驚いた」というほどよくなっているみたいですね。枠が外で内側から乾くことを考えると去年の2着馬は怖い気がします。先行馬か内枠の差し馬か、ジュネシスは1角までにうまく内めに潜り込みたいですね。