第56回函館記念

uma_e06.png

函館記念には法則があり、一昨年それに気が付いた。一昨年は馬連本線で、昨年はそれを踏まえて馬連だけでなく万馬券の3連複もゲットできた。だからと言って、今年もそうなるわけではないのが競馬なのだが、狙っていた馬がそのとおりの枠に入ってくれると「さあ、勝負だ!」となる。勝つ馬は3番から8番のゼッケン、5番人気以内。単勝4倍以上10倍未満。昨年これに該当したのは勝ったマイスタイルただ1頭。一昨年はエアアンセムとスズカデヴィアスでエアアンセムが勝っている。今年はどうなるか。

◎⑤カウディーリョ
◯⑧ベストアプローチ
▲⑬ニシノデイジー
△⑫プレシャスブルー
△⑨レッドサイオン
△①レイエンダ

馬場状態:良~稍重馬場(本州の停滞前線の影響は津軽海峡を越えることなく、土曜日の函館は曇りながら良馬場。日曜日は午前中雨が降るようだが馬場の悪化は限定されそう。ただ、洋芝に雨。影響は慎重に見なければいけない。今のところは例年の良馬場と同じように内枠・先行馬有利で見ておく。)
  函館:2回函館開催6日間後2週Bコース(2週目)
  福島:2回福島開催6日間後1週Bコース(1週目)
  阪神:4回阪神開催6日間全3週Bコース(前開催から4週目)


展開:行くのは⑩トーラスジェミニでいいだろう。小倉で逃げ切り、前走控えて負けている⑤カウディーリョはトーラスを行かせてすんなり2番手と見る。外から⑪スズカロング、⑬ニシノデイジー、⑮マイネルファンロンらも先行策を取るはずで2番手以降は多少ごちゃつくかもしれないが、1角までの直線がかなりあるので例年の傾向どおり流れが落ち着く。馬場差もあり、大外を回したのでは届かない。

本命は⑤カウディーリョ。冒頭に書いた条件にぴったり合致するのはこの馬だけ。状態もよさそうで、切れないけれどしぶとい脚質は函館の洋芝は合うはず。配合面からもそれを裏付けている。全姉ディアデラマドレは重賞3勝。重馬場の愛知杯を勝つなど力の要る馬場でも力を発揮した。エ女王杯では3連単万馬券もプレゼントしてもらった。そんな姉にあやかってこの馬で勝負。但し、この馬は鉄砲は利くが、間隔が3か月以内のレースは悉く惨敗している。今回レース間隔は2ヶ月。過剰期待は禁物かも。それとも単に輸送がダメで滞在なら走るということか。

相手には⑧ベストアプローチ。長期休養明けを一叩きして2戦目。後ろから行く馬なので展開的には厳しいことが予想されるが、それでも中団より前でレースができればチャンスも。道悪は菊花賞の一度だけなので巧拙はわからないが、下手ではないと思うがどうか。ただ、少し人気になりすぎなのが気になる。

3番手は⑬ニシノデイジー。この馬は微妙なポジション。良馬場だと外を回らされる不利が心配。渋った時は今度は馬場を苦にすることが心配。それでも、洋芝は得意でもあり、勝浦に戻ることで良かった頃のパフォーマンスを発揮することに注意が必要。

穴で⑫プレシャスブルー。比較的後ろから行く馬なので脚を余す危険性はあるが絶好調らしく、陣営は勝ち負けを意識する発言をしている。好走確率の高い8番人気辺りにいることも後押し。
もう1頭は⑨レッドサイオン。前走は前残りの競馬で、好位でレースを進めながら伸びきれなかったのは腑に落ちないが、普通に走れれば充分チャンスはあるはず。前でレースができる強みを生かしたい。

押さえに①レイエンダ。正直、あまり買う気がしない。1番枠は実績的にあまり良くないし、勝ち馬は上記のとおりだし、人気になるなら切りたい。ただ、ある程度出して行けると好位のインを取れて絶好位を確保することもできるはずで、押さえておく必要はありそう。

雨の降り方でガラッと変わってしまいそうな感じのレース。直前まで馬場には注意が必要になりそう。雨の影響がなければ、外枠は割引が必要。
直前まで悩みそう。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント