第54回スプリンターズステークス

uma_e06.png

秋のG1第1戦となるスプリンターズS。例年と違って、妙に時計がかかる中山の芝。良馬場でも時計1つ半から2つくらい時計がかかっているイメージ。今週は本格的に馬場が乾いてきそうな感じは受けるが、ハイペースの高速決着は望めそうもない。となると、先行勢がいい思いをするのか、それとも差し・追い込み勢が最後の坂でひっくり返すのか。いつもとどう違うのか、楽しみが広がる。

◎⑩グランアレグリア
◯⑨ダイアトニック
▲②モズスーパーフレア
△③ダノンスマッシュ
△⑭エイティーンガール

馬場状態:良馬場(冒頭に記したように、今年の中山は違う。時計のかかる力の要る馬場になってCコースも2週目。土曜日のレースを見る限り、馬場は内側に痛みが出て荒れてきている印象。大外一気が決まるかペース次第になりそうだが、先行馬少し厳しい馬場になりそう。)
  中山:4回中山開催9日間後2週Cコース(2週目)
  中京:2回中京開催9日間後2週Bコース(2週目)

展開:行きたい馬が揃ったが、枠順を考えれば②モズスーパーフレアの逃げは確定的。ハイペースで逃げても止まらないので、後続は仕掛けが難しくなりそう。ただ、いまの中山は先行馬には厳しい馬場になりつつあると思えるので、内側の馬・先行馬は厳しくなると見る。大穴なら外の差し馬か。

本命は⑩グランアレグリア。高松宮記念は先行した馬が上位を占める中で、外から差してきた末脚は圧巻。内側が荒れて、外が有利になればきっちり差し切れるはず。右回りも左回りも変わらない。普通にゲートを出れば負ける要素はない。

相手には⑨ダイアトニック。高松宮記念は不利がなければ勝っていた内容。前走、重馬場で洋芝の一番悪い最内でまったくいいところが出せずに終わった。レースを途中であきらめたような感じで疲れも残っていないかったらしい。今度は良馬場で、毎年好走馬が出る真ん中の枠。必ず変わるはず。心配なのは、典ちゃん。私が買うと来ないんだよね。乗り替わりもこのレースではいい結果が出ない傾向もあり、2番手とした。

3番手は②モズスーパーフレア。内が少しくらい悪くてもハイペースで飛ばして、後続になし崩しに脚を使わせれば残り目はある。力のいる馬場になっても大丈夫なのは高松宮記念で証明済み。ただ、今回は内だけが悪い危険性がある。シルクロードSで荒れた内を通って止まったことは忘れてはいけない。今回もそうならないとは言えないと思う。北九州記念を使った馬は来ないが、唯一の例外が昨年2着のこの馬。今年もあるか。

押さえに③ダノンスマッシュ。オーナーの意向で川田に乗り替わりらしいが、乗り慣れた川田とはいえ、よく出遅れるのも事実。今回内枠でもあり出遅れたらノーチャンス。かなり楽な展開にならない限り、勝ち負けに持ち込むのは厳しいのではないか。

穴で⑭エイティーンガール。時計がかかる馬場はお手の物。モズが引っ張ってくれるなら、願ったり。勝つとは言わないが、シルクロードSのように差し届くシーンがあっても驚けない。

馬券はいまのところ、⑨-⑩の1点勝負のつもり。
さて、どうなりますか。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2020年10月04日 00:55
こんばんわ
いよいよ秋のG1シリーズ、早いもんですね。
パッと見だと上位3頭で仕方ないのかな?って感じですが
やはり馬場ですよねぇ・・・
普通の馬場ならモズで行き切れると思ったのですが
今日のレース見ると如何なものかな?
じゃぁどうすんの?
ってオッズみたら意外と美味しいのがミスターメロディ
すんなり行けそうなモズをマーク出来る絶好枠
物足りないレースが続いているのが逆に妙味
実績からして完全に人気の盲点になっている!
相手は当然人気3頭へ
6・9・13が嫌だが、買い目が増えてしまうので
思い切って切ります。
7の単複が勝負馬券で、モズのガンバリに期待で
2-7が本線、抑えになるのか?
色々4頭BOXで(^^;
2020年10月04日 11:21
ロバノパンヤさま
問題は馬場とペースなんでしょうね。たぶん、0.3秒くらいの間の5頭、6頭、あるいはそれ以上がゴールするのでほんのわずかな不利でも致命的になりますからね。
ユタカは凱旋門賞に乗れなくなっちゃいましたね。名門厩舎のスキャンダルとは残念です。