第37回マイルチャンピオンシップ

uma_e03.png

阪神開催になったマイルチャンピオンシップ。阪神のマイルは直線が長く、コース自体は有利不利が出にくい。スタートから坂の上りでテンが速くなりにくい京都よりもテンが速くなり、その分だけ外差しが決まりやすい。データからは4歳馬が強く、当日単勝5番人気以内の4歳馬の複勝率は62%になる。また、前走スプリンターズSか秋天で、勝つか敗れても0.5秒差以内なら複勝率は63%となる。例は少ないがかなり強力なデータ。結果はどうなるか。

◎④グランアレグリア
◯⑰サリオス
▲⑦アドマイヤマーズ
△②レシステンシア
△⑧インディチャンプ
△⑭サウンドキアラ
△⑯ヴァンドギャルド

馬場状態:良馬場(阪神開催Aコース3週目。土曜日レース前のクッション値は9.6。今週も乾いた馬場で時計は速い。日曜日は先週同様さらに少し硬い馬場に移りそう。馬場はフラットで展開にも依るが上がりの速い馬場に変わりない。)
  阪神:5回阪神開催9日間全4週Aコース(3週目)
  東京:5回東京開催9日間後2週Cコース(1週目)

展開:冒頭でも記したが、京都と異なりテンが速くなりがちな阪神マイル。行くのは②レシステンシアだろう。ダイワメジャー産駒で、逃げ馬ということを考えれば久々でもレシステンシアが逃げてどこまで、という感じ。なので、完全にスローはない。土曜日の状態では、時計が速いので中団より前で、なおかつ速い上がりに対応できる馬に有利。

本命は④グランアレグリア。心配なのは枠がどこに入っても気の悪さを出さないかどうか。ただ、近走の結果を見れば、中身は濃いので、心配はいらない。冒頭で書いたとおり、5番人気以内の4歳馬は好走確率が高いデータも後押し。この馬から。

相手には⑰サリオス。なんと大外枠になったが、毎日王冠の圧勝劇を考えれば相手になるとすればこの馬。先々週は東京競馬場とはいえ、2週続けて日曜日のメインは大外枠が勝っているので、阪神でも先週のラッキーライラックに続いて、今週もあやかりたいところ。今年の3歳馬はレベルが低いと言われているが、その中の例外がコントレイルとこの馬。ただ、毎日王冠から2kg増。それが堪えるとは思わないが、古馬との斤量さはないに等しい。

3番手は⑦アドマイヤマーズ。スワンSでは人気を裏切ることとなったが、内側が荒れて時計がかかっていたトラックバイアスの状態を考えれば前走は得意とは言えない1400mで3着は良く走った部類。型どおり良化は明白で、グランアレグリアとの対戦を見れば逆転まで。

押さえに②レシステンシア。展開で記したとおり。ハイラップを踏んで後続になし崩しに脚を使わせることができれば残り目も。

怖いのは⑧インディチャンプ。元来休み明けはあまり結果が出ない馬。実績を考えると軽くは見れないが、9週以上レース間隔が空いた馬に良績がない。押さえまでとしておく。

穴で⑭サウンドキアラ。前走は休養明けで、あまりいいところなく敗れた。しかし、休養前は重賞3連続連対しており、侮ってはいけない。前走はアドマイヤマーズ同様、馬場の悪い内側を走らされたためと割り切れば、好走しても不思議はない。

最後に⑯ヴァンドギャルド。出遅れ癖のあるこの馬は、スタートで勝負が決まることが多い。軽い馬場でスタートを決めれば、着はありうる。勝ちに行かずに拾いに行くことが前提だが、まったく勝負にならないことはないはず。

オッズ的には面白みがないし、グランアレグリアからでは相手を絞らないとガミる。
また、最後まで悩みそうだ。
GOOD LUCK!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2020年11月22日 01:32
こんばんわ
申し訳ありませんが、上位5頭やむなしではないかと?
先週も本命被り見事ハズれて仕舞いまたもや負の連鎖が始まりそうな気がします。
せめて爆弾穴馬だけはと思い捻り出したのがケイアイノーテック
今まで買ったことない馬ですが、さすがにここまで人気落ちれば
1票投じてみるのもアリかなと?
勝ち切るのは奇跡でも起きないほど足りないのは百も承知
とは言え常にソコソコ走る安定さはあるので何とか馬券圏内にきてくれないか?
3単複
2・3・4・7・8・17  3連複BOX
津村が人生最高の騎乗を見せてくれれば見せ場はあるかも?
2020年11月22日 14:20
ロバノパンヤさま
先週は私が買うと来ない典ちゃんが、やはりの結果。札幌時代から相性悪いですよ。
今週は上位5頭をどう買うかだけのような気もしますが。うまく合ってほしいものです。