「第40回ジャパンカップ」回顧

アーモンドアイ完勝!G1・9勝目で引退飾る。 東京競馬場 2400m 良馬場 結果 1着②アーモンドアイ C.ルメール 2:23.0 2着⑥コントレイル 3着⑤デアリングタクト 4着①カレンブーケドール 5着⑮グローリーヴェイズ 良馬場とはいえ、例年とは違う時計のかかる馬場になった今年のJC。好スタートは②アーモ…
コメント:0

続きを読むread more

第40回ジャパンカップ

3頭の3冠馬が参戦して、いやがうえにも盛り上がる環境が出来上がった。実績は3強なのかもしれないが、2頭は古馬と対戦していない。同世代の中では強くても、古馬に入っても通用するかどうかはその世代のレベルによる部分が大きい。牡馬は弱い3歳でもコントレイルとサリオスは別格と思っていたが、サリオスの結果を見てG1でどうか。3歳牝馬は明らかにレ…
コメント:2

続きを読むread more

「第37回マイルチャンピオンシップ」回顧

グランアレグリア、G1レース3連勝! 阪神競馬場 1600m 良馬場 結果 1着④グランアレグリア C.ルメール 1:32.0 2着⑧インディチャンプ 3着⑦アドマイヤマーズ 4着⑪スカーレットカラー 5着⑰サリオス 4週連続Aコースの最終週。内側の馬場が多少時計がかかるようになって、内外がほぼフラットに。クッシ…
コメント:0

続きを読むread more

第37回マイルチャンピオンシップ

阪神開催になったマイルチャンピオンシップ。阪神のマイルは直線が長く、コース自体は有利不利が出にくい。スタートから坂の上りでテンが速くなりにくい京都よりもテンが速くなり、その分だけ外差しが決まりやすい。データからは4歳馬が強く、当日単勝5番人気以内の4歳馬の複勝率は62%になる。また、前走スプリンターズSか秋天で、勝つか敗れても0.5…
コメント:2

続きを読むread more

「第45回エリザベス女王杯」回顧

ラッキーライラック、連覇達成! 阪神競馬場 2200m 良馬場 結果 1着⑱ラッキーライラック C.ルメール 2:10.3 2着⑬サラキア 3着⑪ラヴズオンリーユー 4着⑫ウインマリリン 5着⑧センテリュオ クッション値は9.8と標準値の範囲内ながら、前日のデイリー杯でレコードが出た速い馬場はそのまま。そんな中で…
コメント:0

続きを読むread more

第45回エリザベス女王杯

阪神2200mという例年のこのレースとは異なるコースで実施される今年のエリ女。コースが替わって京都2200m外回りの坂のない長い直線のコースから阪神内回りの短い直線で坂があるコースに。そして、開催替わり2週目の馬場は傷みがなく後方一気は決まらないと考えた方がいい。クロコスミアが3年連続連対したが、コースが替わってさらに前残りに注意が…
コメント:2

続きを読むread more

「第58回アルゼンチン共和国杯」回顧

オーソリティが古馬を撃破! 東京競馬場 2500m 良馬場 結果 1着⑱オーソリティ C.ルメール 2:31.6 2着②ラストドラフト 3着⑩サンアップルトン 4着⑤ユーキャンスマイル 5着⑬タイセイトレイル 馬場が荒れてきたのは確かだが、空気が乾燥してきたことで馬場が速くなってきた。ハナを切ったのは予想どおり⑨…
コメント:0

続きを読むread more

第58回アルゼンチン共和国杯

東京2500mはスタート地点が坂の下。いきなり坂の登りから始まる。急坂ではないが、だらだらと長い坂を2度登らねばならないのわずか100mの差でもダービーのコースとはかなり違う。それでも、過去のデータからはハンデ戦でありながら、荒れていないレース。勝ち馬は3番人気以内。過去10年で9頭はこれに該当。そしてそのすべてが斤量55kg以上。…
コメント:2

続きを読むread more

「第162回天皇賞(秋)」回顧

アーモンドアイ、芝G1で8勝の新記録樹立! 東京競馬場 2000m 良馬場 結果 1着⑨アーモンドアイ C.ルメール 1:57.8 2着⑥フィエールマン 3着⑦クロノジェネシス 4着⑪ダノンプレミアム 5着⑧キセキ 良馬場といえども、内側の馬場は荒れて、今週からBコースになった効果も薄い状態で全体的に時計1つくら…
コメント:0

続きを読むread more