第55回シンザン記念

uma_e03.png

強い牝馬の登竜門のようになってきた近年のこのレース。いろいろ事情があるにせよ、牝馬が限定戦のフェアリーSではなく、敢えて牡馬にぶつけてくるということを考えておく必要がある。まして関東から行くとなるとそれなりの勝算があってことと思うのが普通だろう。アーモンアイはいうに及ばず、昨年のサンクテュエールも関東馬。今年も人気になりそうな関東馬が西下する。さて結果はどうなりますやら。

◎⑤ダディーズビビッド
◯⑩バスラットレオン
▲⑮ククナ
△④カスティーリャ
△②ブルーシンフォニー
△⑥セラフィナイト

馬場状態:良馬場(中京は12月に2週間Aコースのあとに1週間Bコースを使って約3週間ぶりにAコース。Bコースよりも1週間芝が使われなった分だけ内ラチ沿い3mは馬場がいい。ただ、芝が根付いて伸びる季節でもないので、どこまで影響があるか見極める必要がありそう。少なくとも外を回したので不利になる。前日のクッション値は10.9。かなり硬い馬場になっている。速い馬場だと内枠有利、先行馬有利で前が止まらない。充分考えておく必要がありそう。)
  中京:1回中京開催12日間前4週Aコース(2週目)
  中山:1回中山開催8日間全4週Cコース(2週目)

展開:若駒の対戦ゆえ何が起こるかわからないが、とりあえず逃げ馬不在。先行力のある⑩バスラットレオンが逃げるか、あるいはスローを見越してほかに行く馬がいるか。⑤ダディーズビビット、⑧トーカイキング、⑨ルースあたりがその後ろにつける感じだろうが、あまりペースは速くならないはず。後方待機でも切れる脚があれば硬い馬場なので届くと思うが、脚を余す危険性が高いことを頭に入れておきたい。

本命は⑤ダディーズビビッド。前走2勝目を挙げた同コース。うまく先行できれば、好位から抜け出すことができる。戦ってきた相手が弱いともいえるが、内の比較定期馬場のいいところを通れる強みも生かせるはず。ユタカの腰痛で浜中に乗り替わるが、それで人気が下がるならむしろ幸い。この馬から狙う。
<配合>Northern Dancer5・6×5の系列ぐるみ主導に、Bold Ruler6×5が加わった形。母系のスピードを生かした配合に、Crepello6×6がDonatelloクロスを伴って生きており、かなりしっかりした配合形態。切れ味よりもスピードの持続力に優れ、マイルから中距離まで距離の適応範囲は比較的広いタイプ。

相手には⑩バスラットレオン。前走は朝日杯FSで先行策。速い流れを前でレースを進めての4着。展開に恵まれながら勝ち負けまで持っていけなかったのは今の実力。それでも、今回はもう一度展開に恵まれる可能性が高く有利にレースが進められそう。逆転まで。
<配合>Northern Dancer5・6×5・6・6は中間断絶のため影響力はやや弱く、主導はSir Ivor6×6の系列ぐるみとHail to Reason5×7。これがTurn-toで結びついてしっかり連動している。とはいえ主導の明確性に欠けることは確かなので切れ味は期待できない。先行してしぶとさを発揮する中距離馬。

3番手は⑮ククナ。前走アルテミスSはスローで完全な前残りを後方から追い込んで2着。勝ち馬からはやや離されて影も踏めなかったのは事実だが、レース内容は勝ったソダシに決して劣らない。スローの展開が予想される中で大外枠。脚を余す危険性はないか。わざわざ西の牡馬が出るレースに挑むからにはそれなりの力と状態の裏付けがあるはずだが、ルメールで人気になりすぎるなら少し評価を下げたい。
<配合>Northern Dancer5・5・7×6・6は中間断絶のため影響力はやや弱く、主導はNashua5×6の系列ぐるみ。Kingmambo強調型で全体のバランスやスタミナ面は良好。息の長い末脚を武器とした平均ペース向きの芝中距離ランナー。

面白いのは④カスティーリャ。4走目でやっと未勝利を脱出したばかりだが、2走前は朝日杯3着のレッドベルオーブの2着。0.6秒差とタイム差があったので一概にはいえないが、同コースで1分33秒台で走っている実績は評価されていい。内枠でうまく先行できればチャンスはある。
<配合>Northern Dancer5・6・6・6×5・5・5は中間断絶のため影響力はやや弱く、主導はHail to Reasonクロスを伴うRoberto5×6。さらにRibotクロスを伴うGraustark (=His Majesty) 6×5とNashuaの系列ぐるみもあり、スピードよりもややスタミナ優位の中距離ランナー。スピードの引き出しに時間を要するかも。

穴で②ブルーシンフォニー。前走の負け方を見ると積極的には買えないかもしれないが、1400mでは忙しすぎた。距離がマイルに伸びれば良さが出るはず。インで脚を溜めるとしても、後ろになりすぎるとノーチャンスなので、先行して味のある田辺が中団から外を回らずに追えれば着はある。
<配合>Danzig4×4の系列ぐるみ主導。父方グラスワンダーと母の父コマンズの血がうまく呼応し、Petition、Raise a Nativeなどのスピードがアシストされた点は魅力。逆にスタミナ面は見るべきところがなく、息の長い末脚を持ち味としたマイラー。

最後に⑥セラフィナイト。まったく気にしていなかったが、妙に陣営が強気。丸山は「勝てる」とまで言っている。リップサービスがあったのかもしれないので話半分で聞いても、なかなかのコメント。騙されてみてもいいか。
<配合>Nureyev5×4の系列ぐるみの主導が明確。全体のバランスも良好。父親の気の悪さがでなければ、スピードもスタミナもあるので、マイルに対応できる中距離ランナー。

力の比較ができないので、多分に運試し的な感じ。当たりますように。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2021年01月10日 06:36
遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
先週は上の娘が帰って来ていて
3日に帰るつもりが、上げ膳据え膳に
どっぷり浸かり結局5日まで居座り
車で送って行ったのでバタバタしていました。今週は下の娘の成人式でしたが周知の通り中止、何とも言えないやるせない年明けになりました。
シンザン記念
朝日杯組を信頼するも、8トーカイに
魅力、最低人気になるほど弱くないような?
今の和田なら何かやりそう
もう1頭は3ルークズネスト
3枠2騎が気持ち悪いですが
買い目が増えるので消し
8単複
3,8,10,13,15 馬連3連複BOX

再就職おめでとうございます。
2021年01月10日 14:15
ロバノパンヤさま
あけましておめでとうございます。
父親をしっかりなさっていてなによりです。子供は娘。結婚したら同居せずに近くに住ませるっていうのが最近のトレンドのようです。近年特に女の子の方が頼りになります。
愚痴っても仕方ないですが(笑)
年が明けても、私が悩んで切ろうとしている馬に来ますね。トーカイはさすがにノーマークでしたが、ルークはあってもおかしくないんだよなあって思っています。

今年もよろしくお願いします。