第38回フェブラリーステークス

uma_e03.png

2021年の最初のG1フェブラリーステークス。残念ながらチャンピオンSの上位組が回避して、混戦状態。データからは勝ち馬は根岸Sか東海Sの勝ち馬、もしくは前年の最終戦で大敗して年明け初戦の馬で共にG1は勝ってなかったが兵庫チャンピオンS(G2)の勝ち馬だった。今年の対象はオーヴェルニュとレッドルゼルだけ。2頭でいいのか、データは破られるのか。

◎⑨サンライズノヴァ
◯⑥アルクトス
▲⑬ソリストサンダー
△⑯レッドルゼル
△③カフェファラオ

馬場状態:良馬場(東京競馬場は月曜日に降って以来まったく雨が降っておらずパサパサ状態。それでも東京のダートは軽く、土曜日の未勝利のマイルを勝ったテイルウインドは同距離同コースの前走と0.3秒差で走っており、状況的には軽めのダートで変わりない。速い馬場に対応できるスピードを持った馬が有利になりそう。)
<参考:芝コース>
  東京:1回東京開催8日間全4週Dコース(4週目)
  阪神:1回阪神開催12日間全6週Aコース(2週目)
  小倉:2回小倉開催8日間全4週Bコース(2週目)

展開:内枠を引いた②インティが逃げることになりそうだが、隣に①エアアルマスがいる。さらに外側に④ヘリオス、⑤サクセスエナジー、⑥アルクトスと先行馬が並んでゆったりとした流れにはなるまい。前に厳しくなって、差し比べのレースになりそう。上りの切れが求められる。

本命は⑨サンライズノヴァ。前が速くなりそうな展開で、この馬の切れ味は頼りになる。7歳以上の馬は実績を残しておらず、全幅の信頼を置けるかどうかだが、武蔵野ステークスの走りができれば当然勝ち負け。直線坂上で大逆転ができるはず。中心はこの馬。

相手には⑥アルクトス。前走の根岸Sは59kgで内から先に乾いて時計のかかる馬場で厳しい流れを先行しての4着。最も強いレースをした。あくまでトライアル仕様だったにもかかわらずあの走り。得意のマイルで根岸S組には負けない。心配なのは流れが速くなるなかで、先行争いに巻き込まれること。田辺が落ち着いて乗れれば勝てる可能性は充分あると思っている。

3番手は⑬ソリストサンダー。武蔵野Sでは斤量差2kgありながら、後ろから来たサンライズノヴァに差されてしまって惜しい2着。テンの3F34.2秒であがりが36.4秒と2秒以上の差がある前傾ラップだった。今回も同じパターンになる可能性はある。切れ味勝負で浮上する。

押さえに⑯レッドルゼル。力はあまり信用していない。マイルの経験はないし、G3の前走しか重賞勝ち鞍もない。東京のダートマイルは芝スタートなので、芝を長く走れる外枠は有利。差し馬有利になりそうな展開を考えると無視はできないが押さえまでとする。

もう1頭は③カフェファラオ。力は1番かもしれないかもしれないが、ムラがあるし、揉まれ弱い。内2頭が前に行くのはいいが、外からも寄られるはずで、最悪揉まれどおしで末脚を失う危険性もかなりある。アッサリがあるかもしれないが、1番人気ほどの信頼性はない。

小倉は難しいので手は出さないことにする。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2021年02月21日 09:00
お早うございます。
すっかり陽気は春ですね。
馬券も春が来てほしいです。
本命インティにしました。
良い枠引いたし、前回のように
競られることはなかろうかと?
だめならだめだが、2走間前だけはしれば、今年は勝ち負け
相手はこれも危険要素たっぷりだか
カフェファラオ
上手い具合にルメが豊を逃がせば
行ったもん勝ち?
昨日は前が残る馬場
2から3.6.7.9.10.13.14.16馬連で

小倉もトーラスジェミニの一人旅
のような気が…
適当に3連複で遊ぼうかと(^^;
2021年02月21日 15:10
ロバノパンヤさま
前残りにしましたね。昨日からこれだけ前が残ると前が怖いのは確かなのですが、G1なのでハイペースになるとみました。
小倉も買うなら差しかな、なんて思ってましたが買いません😁
暖かくなって競馬観戦にもいい時期なんですけどね。