第51回高松宮記念

思えば、昨年のモズの買い間違いから始まった馬券当たらない負のスパイラル。雨も心配で馬場状態が気になるがレース直前まで注意していきたい。中京改装後の2012年以降のデータでは勝ち馬は4歳か5歳、連対馬は6歳までで7歳以上は極端に不利。1~3番人気で(6-6-5-10)で勝率・連対率ともに66.7%でかなり信頼できる。それでも近年は人気…
コメント:2

続きを読むread more

「第69回阪神大賞典」回顧

ディープボンド、2度目の重賞勝ち。 阪神競馬場 3000m 重馬場 結果 1着⑥ディープボンド 和田竜二 3:07.3 2着⑩ユーキャンスマイル 3着⑤ナムラドノヴァン 4着③シロニイ 5着⑫ダンスディライト 逃げちゃおうかと軽口をたたいていた鮫島(克)は口だけで、ハナを切ったのは⑪ツーエムアロンソ。ホームストレ…
コメント:0

続きを読むread more

第69回阪神大賞典

過去68年の歴史の中には、ナリタブライアンvsマヤノトップガンのマッチレースを筆頭に幾多の名勝負を生んだ伝統の重賞。過去10年のデータからは、勝ち馬は3番人気以内。前走が有馬記念、JC、日経新春杯、AJCCの4レースのどれかで3番人気以内に指示されると勝率で5割を超える。複勝率はなんと75%。天候の悪化、馬場の悪化が予想される今年の…
コメント:2

続きを読むread more

「第57回金鯱賞」回顧

ギベオン、2年3か月ぶり重賞勝ち。西村淳也は嬉しい重賞初勝利! 中京競馬場 芝2000m 重馬場 結果 1着⑤ギベオン  西村淳也  2:01.8 2着①デアリングタクト 3着⑩ポタジェ 4着④グローリーヴェイズ 5着⑦キセキ 金曜・土曜と続いた雨で土曜日の不良馬場からは少し回復したものの重馬場まで。力の要る馬場…
コメント:0

続きを読むread more

第57回金鯱賞

この4年間ですっかりG1大阪杯の前哨戦の位置づけを確立したこのレース。それゆえ、「格重視」がデータではっきりと出ている。勝ち馬4頭はすべて前走G1。レース間隔は10週以上。1番人気は4戦3勝。エアウインザーが敗れた19年も勝ったのは2番人気のダノンプレミアム。一方、2着には人気薄の逃げ・先行馬。7・8番人気の好走が目立つ。今年はどう…
コメント:0

続きを読むread more

「第58回弥生賞」回顧

タイトルホルダー、重賞初制覇! 中山競馬場 芝2000m 良馬場 結果 1着④タイトルホルダー  横山武史 2:02.0 2着⑩シュネルマイスター 3着②ダノンザキッド 4着⑧ソーヴァリアント 5着③テンバガー 開催替わって2週目の馬場は金曜日の雨の影響が残って土曜日稍重スタート。午後から良に回復。日曜はクッショ…
コメント:0

続きを読むread more

第58回弥生賞

共同通信杯ではトキノミノル記念の文字はお情け程度にしか書かれていないのに、弥生賞はディープインパクト記念が前面出るのはなぜだろう。シンザン記念もセントライト記念もあるが、それと同じようにディープを位置づけるということか。データから勝ち馬を見ると、キャリア5戦以内で連勝経験のある前走G1に出走した馬。ダノンザキッドは人気でも落とせない…
コメント:2

続きを読むread more

「第95回中山記念」回顧

ヒシイグアス、4連勝で中山記念制覇! 中山競馬場 芝1800m 良馬場 結果 1着⑧ヒシイグアス  松山弘平  1:44.9(TR) 2着④ケイデンスコール 3着⑬ウインイクシード 4着⑩ゴーフォザサミット 5着①トーセンスーリヤ 中山開催替わりの週で有馬記念以来のAコース。クッション値は12.2と超硬い馬場。前…
コメント:0

続きを読むread more