第65回大阪杯

uma_e03.png

G1に昇格して5年目になった。過去4回のレースでは、1番人気か2番人気が必ず連対しているが、1・2番人気同士のワンツーはない。昨年こそ2-4-1番人気で決着したが、その前の3年は6番人気以下の伏兵が必ず連対しており注意を要する。12頭の馬券対象馬はすべて前走3番人気以内で前走は着順よりも人気に気を配りたい。そしてヤマカツエースを除く11頭はG1での連対実績があった。今年こそ人気どおりで決まるのか。

◎⑫グランアレグリア
◯⑦コントレイル
▲②サリオス
△⑥ワグネリアン
△①モズベッロ

馬場状態:稍重~重馬場(阪神は連続8週Aコースの最終週。今週も雨予報。2週続いた雨での開催でも思ったほど馬場は悪くない。土曜日のクッション値は良馬場で9.5。日曜日は朝から降雨の予報で弱いながらも終日続きそう。降り方しだいだが重馬場まで見ておく。内外のトラックバイアスはほぼないように見えるが、降ると外差し有利に変わることもあり要注意。)
  阪神:2回阪神開催12日間前2週Aコース(前開催から8週目)
  中山:3回中山開催8日間後3週Bコース(1週目)

展開:またしても逃げ馬不在。でもあまりスローにならないのがG1のパターン。⑪ハッピーグリンあたりがまた行くことになるか。あまり縦長にはならずにバックストレッチまで行って、800m切ってからの上がり勝負になりそう。

本命は⑫グランアレグリア。短距離からの距離延長を不安視する向きもあるが、配合的には中距離向き。一本調子の短距離馬ではないのは短距離での勝ち方が示しているとおり。なにより重馬場を苦にしないのが心強い。

相手には⑦コントレイル。JCの結果を見れば、アーモンドアイがいなければこの馬で仕方ないのかもしれないが、完成度が高かっただけではないかという気がしている。デビュー時から言っているように距離の融通性のあるマイラーというのが私のイメージ。ディープの仔で馬場が悪化したときにどうか。ぼろ負けはないと思うが少し評価を下げた。

3番手は②サリオス。良馬場なら本命にするつもりだった。堀師は安田記念が大目標とのことだが、配合的には適距離はこちら。同師によれば、「雨はダメ」とのこと。個人的には渋っても大丈夫だとは思っているが、あとは馬場悪化の程度次第。

押さえに⑥ワグネリアン。データ的には、前走は有馬・京都記念・金鯱賞・中山記念で1~3番人気だった馬しか連対していない。このデータに該当するのはこの馬だけ。押さえておいてもいいくらいの人気になって、鞍上がスイッチして違う味が出せれば。

穴で①モズベッロ。前走は完全に前残りのレースで後方から追い上げるも残念な結果。馬場は極端に悪くならなければこなせるはずで、前走もワグネリアンとは差がない。差しが届くような展開になれば3着くらいなら。

買い目を絞らないとプラスにならないが、絞ると抜け目で決まる。なんとかならないか。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2021年04月04日 12:41
多分、人気通りで当たると思います。
けど、儲けることは難しそうですね。
ということで、ほぼ見るレースとします。
本命はコントレイルにしました。
なんだかんだで3冠取る馬はなにか持ってるのではないかと
相手は当然2・12でやむなし
3着候補で5・6
馬券は7-2・12-2・5・6・12の3連単
押さえで7-2・12-2・5・6・12の3連複
当たってもたいして儲かりませんが、見物料ですかね。
2021年04月04日 14:56
ロバノパンヤさま
儲からないレースですよね。
馬場もそんなに悪くないので、少し時計のかかる程度のように見えます。人気どおりでしょうね。
もっと降ったらクレッシェンドラヴまで狙おうかと思っていたのですが、そこまで悪くならなそうなので少額で見ることにします。