テーマ:競馬予想

第95回中山記念

伝統の中山記念も95回目。近年は10頭前後の出走で、G1馬が何頭かいて、上位拮抗なレースとなったが、今年はG1馬不在。14頭とそこそこ頭数もそろった。過去10年のデータからは、馬券対象30頭中、半数の15頭は前走G1戦。さらに若い馬が多く好走していて、重賞勝ちの実績がある4歳馬は複勝率56%と5割を超える。両方に該当するのはバビット…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第38回フェブラリーステークス

2021年の最初のG1フェブラリーステークス。残念ながらチャンピオンSの上位組が回避して、混戦状態。データからは勝ち馬は根岸Sか東海Sの勝ち馬、もしくは前年の最終戦で大敗して年明け初戦の馬で共にG1は勝ってなかったが兵庫チャンピオンS(G2)の勝ち馬だった。今年の対象はオーヴェルニュとレッドルゼルだけ。2頭でいいのか、データは破られ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第114回京都記念

歴史と伝統の京都記念。今年は阪神競馬場。京都外回りと阪神内回りでは同じ2200mでもかなり違う。それでも、過去10年の勝ち馬は9頭まで4角4番手以内。それを考えると開幕週の阪神で内回りなら傾向はあまり変わるまい。実績的にはG1で3着以内か重賞勝ちが勝ち馬の絶対条件。といっても、今年はたくさん該当馬がいる。さてどうなるか。 ◎④…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第71回東京新聞杯

1番人気が苦戦を強いられるこのレース。安田記念を見据えての実力馬が力どおりに走るかどうかがポイント。データからは勝ち馬は6歳以下、5番人気以内、4枠よりも内枠。例年Dコースで馬場がいい状態なので、先行馬有利・内枠有利というのがこのレースの特徴。だが、今年は少し違う傾向があるかも。先週は雪の影響もあってか、逃げて潰れるケースも多く、外…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第35回根岸ステークス

過去10年のデータからは、1着は6番人気以内、2着は7頭が3番人気以内と連対馬は上位人気の馬が占めているので、あとは組み合わせの問題。もちろんオッズとにらめっこになる。一方で、3着は8頭が5番人気以下であり、穴をねらうなら3連系で3着に人気薄が飛び込んでくるパターンを想定した方がいい。前走G1以外で馬券に絡めなかった馬はほぼノーチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第62回AJCC

雪の影響が心配な関東地方。平野南部で5cmの積雪の「大雪」の心配だって、アホか! ブラストワンピースの勝利で1番人気の連敗がストップした昨年のこのレース。とはいえ、それまでも1番人気は連対を続けていたわけで、昨年で4年連続連対となった。データ的には、実績のある馬たちがしっかりとしたレースをするパターンになりやすい傾向。ただ、1~3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第68回日経新春杯

牝馬限定の愛知杯との関係でこのレースに挑戦してくる牝馬は少ない。しかし、人気はともかくかなり勝負気配を感じることが多かった。ところが、近5年はまったく好走していない。6年前にフーラブライドが2着して以来、牝馬が強い昨今でも結果が出ていない状態。今年は牝馬3頭が参戦。そろそろアッと言わせるシーンがあるのか、やはり愛知杯除外になるからの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第55回シンザン記念

強い牝馬の登竜門のようになってきた近年のこのレース。いろいろ事情があるにせよ、牝馬が限定戦のフェアリーSではなく、敢えて牡馬にぶつけてくるということを考えておく必要がある。まして関東から行くとなるとそれなりの勝算があってことと思うのが普通だろう。アーモンアイはいうに及ばず、昨年のサンクテュエールも関東馬。今年も人気になりそうな関東馬…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第70回中山金杯

毎年のこととはいえ、一年の計は元旦ではなく「金杯にあり」ってのが競馬好きの格言。毎年のように、馬の状態も馬場の状態もよくわからないまま、あれやこれやと悩んでみる。データから勝ち馬は近3走以内のG1かG2で5着以内か0.5秒以内というのが昨年まで。今年はこれに該当するのはただ1頭。ディープボンドのみ。そして菊花賞から直行した馬は連対ゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第65回有馬記念

JC上位3頭が出走しないことで寂しくなるかと思ったが、そんなことはなくなかなかのメンバーが揃った今年の総決算有馬記念。データ的には内めの枠を引いた5歳以下の上位人気の馬が好結果を残している。ところが、単勝4倍から6倍のレンジに入った馬は14年以降悉く馬券圏外に敗れている。18年キセキ5.9倍、17年スワーヴリチャード4.5倍、15年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第72回朝日杯フューチュリティステークス

かつて朝日杯といえば、馬連最低配当の最も堅いG1レースだったが、昨年は1・2番人気の決着ながら3着は14番人気のグランレイ。一昨年は9番人気のクリノガウディーが2着。3年前は上位人気が上位入線で堅かったが、4年前は6番人気サトノアレスと7番人気モンドキャンノで馬連6,000円近い配当。さらに3着には12番人気のボンセルヴィーソで3連…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第72回阪神ジュベナイルフィリーズ

何度か大荒れの高配当を配給したこのレースも近年は上位人気が比較的安定した結果を残している。もちろん、昨年のように1番人気がぶっ飛んで6番人気のマルターズディオサが2着に入ることも含めて、連対しているのはこの6番人気以内。今年もこの傾向は変わらないのか。データからは前走は新馬・未勝利はNG、一見意外に感じるが東京コースを使っている組が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第21回チャンピオンズカップ

年に数回しか買わないダート戦。今年は圧倒的な1番人気クリソベリルがいる。ただし、外枠15番。中京ダートは圧倒的に内枠有利。その恩恵を一番受けたのは昨年のクリソベリル自身。内容的には外を回して2着のゴールドドリームの方が上だった。今年は枠が逆になった。さらに、ゴールドドリームは海外遠征以来いまいちだが、クリソベリルは国内負け知らず。秋…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第40回ジャパンカップ

3頭の3冠馬が参戦して、いやがうえにも盛り上がる環境が出来上がった。実績は3強なのかもしれないが、2頭は古馬と対戦していない。同世代の中では強くても、古馬に入っても通用するかどうかはその世代のレベルによる部分が大きい。牡馬は弱い3歳でもコントレイルとサリオスは別格と思っていたが、サリオスの結果を見てG1でどうか。3歳牝馬は明らかにレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第37回マイルチャンピオンシップ

阪神開催になったマイルチャンピオンシップ。阪神のマイルは直線が長く、コース自体は有利不利が出にくい。スタートから坂の上りでテンが速くなりにくい京都よりもテンが速くなり、その分だけ外差しが決まりやすい。データからは4歳馬が強く、当日単勝5番人気以内の4歳馬の複勝率は62%になる。また、前走スプリンターズSか秋天で、勝つか敗れても0.5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第45回エリザベス女王杯

阪神2200mという例年のこのレースとは異なるコースで実施される今年のエリ女。コースが替わって京都2200m外回りの坂のない長い直線のコースから阪神内回りの短い直線で坂があるコースに。そして、開催替わり2週目の馬場は傷みがなく後方一気は決まらないと考えた方がいい。クロコスミアが3年連続連対したが、コースが替わってさらに前残りに注意が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第58回アルゼンチン共和国杯

東京2500mはスタート地点が坂の下。いきなり坂の登りから始まる。急坂ではないが、だらだらと長い坂を2度登らねばならないのわずか100mの差でもダービーのコースとはかなり違う。それでも、過去のデータからはハンデ戦でありながら、荒れていないレース。勝ち馬は3番人気以内。過去10年で9頭はこれに該当。そしてそのすべてが斤量55kg以上。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第162回天皇賞(秋)

高速馬場の秋の東京開催も3週連続の雨で「高速」とはいかない今年の開催。久々に雨のない週末でG1を迎えられる。それにしては12頭と寂しい頭数になった。一昨年が12頭で98年の有力外国産馬は出走権がなく、内国産馬はサイレンススズカにみなが恐れをなして回避した年以来だった。毎年言っているが、東京2000mはスタート直後に2角になるため、絶…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第81回菊花賞

なかなか配合だけでは結果に結びつかいない菊花賞。昨年は珍しく配合評価の上位2頭がワンツーフィニッシュ。本線で買えなかったのは残念だったが、満足の内容だった。無敗の3冠馬が先週の牝馬に続いて、今週は牡馬でも誕生するのか。コントレイル一色の菊花賞だが、上位陣はオッズほど力の差はないと思う。さて、結果はどうなるか。興味は尽きない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第25回秋華賞

エリザベス女王杯が設立されて、牝馬3冠ができたのは45年前。そのエリ女が古馬に開放されて、秋華賞が3歳限定の3冠レースとして新設されて25年目。エリ女時代のメジロラモーヌ、秋華賞になってからのスティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、そしてアーモンドアイ。6頭目、そして初の無敗の3冠牝馬を目指してデアリングタクトが挑む。さてど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第55回京都大賞典

秋の長雨と台風の影響を受けやすい時期になってきて、今年も雨の週末を迎えた。東京は日曜日も雨模様が続きそうだが、西日本は天気が回復して夏日の予報。昨年は荒れたこのレースだが、今年はどうなるか。あくまでも目標が先のメンバーとこのレースだからこそあわよくばと思っているメンバーとで微妙なところ。さらに馬場状態も微妙で注意が必要になりそう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第54回スプリンターズステークス

秋のG1第1戦となるスプリンターズS。例年と違って、妙に時計がかかる中山の芝。良馬場でも時計1つ半から2つくらい時計がかかっているイメージ。今週は本格的に馬場が乾いてきそうな感じは受けるが、ハイペースの高速決着は望めそうもない。となると、先行勢がいい思いをするのか、それとも差し・追い込み勢が最後の坂でひっくり返すのか。いつもとどう違…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第66回オールカマー

意外な少頭数になったうえに、フィエールマンの回避でさらに寂しくなったが、少頭数の割には人気は割れそうで、馬券的には楽しめそうな雰囲気も出てきた。中山の2200mは特殊といえば特殊で、このコースを勝てる馬、好走する馬はリピーターとして、次のレースでも好走しやすい傾向がある。2200mの重賞はわずかに7つ。そのうちの3つが中山競馬場。あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第38回ローズステークス&第74回セントライト記念追記

阪神ではなく、中京2000mとなった今年の秋華賞トライアル、ローズステークス。本番が右回り京都の内回り2000mなことを考えると、果たしてトライアルの意味を持つかどうか、いささか疑問だが、春からG1戦線を走ってきた馬が夏を越してどれだけ成長したか。あるいは夏の上り馬がいるのか、いないのか。天候も微妙なだけに一筋縄ではいかないかもしれ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

第34回セントウルステークス

最近では、スプリンターズSの最重要ステップレースになったといえるこのレース。近年でも、タワーオブロンドンやファインニードルがこのレースからG1で結果を出している。ただ、今年は変則開催で例年の阪神ではなく、中京開催。例年なら阪神開催で唯一野芝だけターフで前が止まらないレースになるが、今年は中京。中京は比較的馬場がフラットになることが多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回新潟記念

夏競馬の掉尾を飾る新潟記念。毎年のことだが、開催終盤の新潟は内よりの馬場が荒れて、全体が外に膨らみやすい。それでも荒れた内側の馬場を通るよりマシなのだろう。展開と先行勢のコース取りが勝負を分けることになる。3年前はタツゴウゲキなど先行勢の前残り。一昨年は先行勢が完全に潰れてブラストワンピース以下、差し馬が上位を独占。昨年は好位から抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第15回キーンランドカップ

高松宮記念での「モズ買い間違い」からまったくツキに見放されたというか、読みがまったく当たらない。いっそのこと、自分が絶対に要らないと思う人気馬から入ってみるかとも考えるが、そこまで自分を信じないのでは当たっても嬉しさ半減である。キーンランドはケンタッキー州の馬産地の競馬場で北海道とは馬産地つながりということになる。残念ながら今年は米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回札幌記念

8年間札幌競馬場に通った者にとっては一番思い入れが深いのがこのレース。在道の間、前半はダートの重賞だったが、後半は芝コースができた。ライフタテヤマに始まって、ダートの最後がダイナレター。芝の最初はグレートモンテ、最後は武豊ナリタチカラだった。芝に替わって2年目はまだ条件馬だったのちのG1馬メジロパーマーが松永幹夫騎乗で逃げ切っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第55回関屋記念

雨が続いていた新潟県北部いわゆる下越地方だが、馬場の回復はどうだろうか。明らかな傾向があるレースが多い中で、夏の新潟の名物レースにもそれは言える。1番人気はむやみに切ってはいけない。連対するのは7番人気までで案外と荒れない。例年なら中京記念との関連があるので上位人気だった馬には注意がいるのだが、今年は阪神開催での中京記念なのでどこま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第68回クイーンステークス

エリザベス女王杯がまだ3歳(当時の馬齢表記は4歳)牝馬限定のころ、牝馬三冠の最後のレースへのトライアル。秋の中山で、関東の夏の上り馬にとってはいわば西下最終便だったこのレース。2000年から札幌開催で古馬に開放されて、最初に勝ったのはトゥザヴィクトリーだった。夏のレースなのでメンバーは小ぶりになりやすいが、一昨年はいまも海外で活躍す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more