テーマ:レース事前検討

第81回優駿牝馬(オークス)事前検討

焦点はデアリングタクトの無敗での2冠なるか。 <登録:25頭> ◆デアリングタクト <前走>桜花賞では差しが届きにくい馬場で外から豪快に差し切る圧勝。 道悪、外差し不利、前残りの展開の桜花賞でただ1頭別次元の走り。負け知らずの3連勝でいまだ底を見せていないことからも当然本命級の高い評価を与えるべき。 <配合>Hail to…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第15回ヴィクトリアマイル 事前検討

アーモンドアイ参戦。実績からは負けようがないが有馬記念の敗戦、ドバイ空振りの影響があるか。それでも相手探し。 <登録:19頭> ◆アーモンドアイ <前走>有馬記念は折り合いを欠いて実力を発揮できず9着。 有馬記念は力んで折り合いを欠いた結果で度外視可能。ドバイの空振りの影響がどの程度残っているのか、残っていないのかはわからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第25回NHKマイルカップ 事前検討

3歳マイルの頂点へ多くの馬がエントリー。レシステンシアが牡馬を一蹴するか、それとも。上位拮抗。 <登録:22頭> ◆レシステンシア <前走>桜花賞は2番手から抜け出しを図るもデアリングタクトに差されて2着。 重馬場で差しが決まりにくい馬場になったおかげで完全な前残りのレースになった桜花賞。阪神JFでも良馬場でハイペースで逃げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第161回天皇賞(春) 事前検討

フィエールマンの連覇なるか。1強か、伯仲か。 <登録:16頭> ◆フィエールマン <前走>有馬記念は中団から積極的に動いて、勝ちに行っての4着。 凱旋門賞から帰国後のレースで、前潰れの展開で、先に動いて掲示板を確保したのはG1馬の力。昨年の天皇賞馬でもあり、スタミナは充分。本命級の高い評価を与えるべき。 ◆ユーキャンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第55回フローラステークス 事前検討

オークストライアルに多くの馬がエントリー。1強かはたまた伏兵台頭か。 <登録:21頭> ◆スカイグルーヴ <前走>京成杯は大外枠から先行して、勝利目前クリスタルブラックに出し抜けを食らう形で2着。 中山の内回りで時計のかかる馬場を外から脚を使って先行策を取る。最後差されはしたものの決して力負けではなく、牡馬相手だったことを考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第51回読売マイラーズカップ 事前検討

インディチャンプ対上位人気馬。インディチャンプ以外の上位人気は案外割れそう。相手探し。 <登録:15頭> ◆インディチャンプ <前走>中山記念は開幕週の前残りの展開を中団から伸びるも4着。 大幅な馬体重増加が示すように、前走は休み明けの一叩き。それでも勝ったダノンキングリーとは0.4秒差。実績を考えるともう少し仕上がれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第80回皐月賞 事前検討

2強とも3強ともいわれる今年の皐月賞。有力馬がぶっつけで比較が難しい。難解な一戦。 <登録:19頭> ◆コントレイル <前走>ホープフルSは、好位追走から馬なりのまま先頭に立って押し切る圧勝。 前走、前々走と圧勝しており、現時点では当然本命級の評価を与えるべき。 <配合>Northern Dancerクロスを伴うLypha…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第80回桜花賞 事前検討

今年もノーザンファームのぶっつけ本番があり、別路線組との初対決もあり、混戦で難解。 <登録:23頭> ◆レシステンシア <前走>チューリップ賞は少し溜め逃げになって、直線切れ負けて3着。 前走の反省の元、今回はハイラップを刻むはずなので、速くなりすぎなければ当然巻き返せるはずで高い評価を与えるべき。 <配合>Norther…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回高松宮記念 事前検討

海外遠征をやめて国内に切り替えた馬やマイル路線からの参戦もあり例年以上にレベルの高いメンバーになった。熱戦が予想される。 <登録:25頭> ◆タワーオブロンドン <前走>オーシャンSでは、後方待機から追い込むも3着まで。 前走は休み明けで58kgの斤量で、一叩きの意味合いも強かったが1枠でロスのない競馬の割には追っていまいち。ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第67回毎日杯 事前検討

近2年は上位人気3頭で決着。今年も軸不動か。 <登録:15頭> ◆アルジャンナ <前走>きさらぎ賞は中団からNo.1のあがりで直線追い詰めるも3着。 前の週までの重い力の要る馬場が乾いて、先行馬有利になっていた中、差してあと一歩まで詰めており、一番強い内容。戦ってきた相手を考えると本命級の評価を与えるべき。 <配合>Nor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第68回阪神大賞典 事前検討

春の天皇賞を目指して有力馬が始動する。あくまでも前哨戦ではあるが寂しい登録状況である。相手探し。 <登録:10頭> ◆キセキ <前走>有馬記念は出遅れて、後方から追走になり、最後しぶとく伸びたが5着まで。 前走は先行できなかったことが響いたが、先行できればG1でも好走をしており、アーモンドアイがいなければ勲章も増えていたはず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第69回スプリングステークス 事前検討

皐月賞トライアルとはいえ、当たりの年とはずれの年ある。頭数も意外に少なく価値が下がる。 <登録:12頭> ◆ヴァルトライゼンデ <前走>ホープフルSは好位につけて、ロスのないレースで2着。 コントレイルには歯が立たなかったが、ワーケアには先着している。ワーケアは不利があってのものだが、兄たちにはなかった先行力と器用さが生んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回金鯱賞 事前検討

大阪杯の前哨戦と位置づけられるようになって4年目を迎える。1強か、3強か、伏兵台頭か。 <登録:13頭> ◆サートゥルナーリア <前走>有馬記念ではハイペースを後方で脚を溜めて、直線差して2着。 ハイペースなうえにアーモンドアイとフィエールマンが先に動いて、前潰れのレースになった有馬記念。2着とは言え、リスグラシューにはちぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第27回チューリップ賞 事前検討

弥生賞と違って、こちらは阪神JFの上位4頭がすべて参戦予定。あくまでもトライアルなので別路線組との力の比較が難しい。波乱の要素あり。 <登録:16頭> ◆レシステンシア <前走>阪神JFは好スタートから先手を取って、5馬身差の圧勝。 インの馬場が良かったのは確かだが、後続につけた大差を考えると本命級の評価を与えるべき。ただ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第57回弥生賞ディープインパクト記念 事前検討

クラシックを目指す馬たちにとっての登竜門。上位拮抗だが、伏兵にも注意。 <登録:12頭> ◆ワーケア <前走>当日は気が付かなかったが、ホープフルSではスタート直後に接触があり、後方からになった。あがりはいい脚を使ったものの3着。 アクシデントにより後方からのレースになった前走だが、前々走は好位からレースができているので、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第64回阪急杯 事前検討

中山記念と違って、こちらは多くの馬が参戦予定。過去からよく荒れるレースでもあるので、穴馬注意。 <登録:20頭> ◆ダイアトニック <前走>京都金杯は先行有利な重い良馬場を後方から差して2着。 14番人気のボンセルヴィーソが2番手から3着に残る展開で中団から差した。先に抜け出したサウンドキアラには届かなかったが負けて強しの内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第94回中山記念 事前検討

意外なほど出走予定頭数が少ないながら、好メンバーが揃った。上位拮抗。 <登録:9頭> ◆ラッキーライラック <前走>香港ヴァーズではグローリーヴェイズに3馬身半差の2着も2400mでディアドラに先着する大健闘。 海外での連対も称賛されるべきだが、騎手のコース取りに助けられたとはいえ2走前のエ女王杯は勝利しており、また昨年のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回フェブラリーステークス 事前検討

比較的荒れないレースではあるが、異なった路線からの対戦ということもありやや難解。 <登録:24頭> ◆インティ <前走>東海Sで好位からレースをして、前のエアアルマスは捕まえきれず、後ろから来たヴェンジェンスに差されて3着。 前走は斤量が他よりも+2kg以上重い58kgで最後差し負けたが昨年のこのレースの覇者。昨年は楽に先行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第55回デイリー杯クイーンカップ 事前検討

キャリアの浅い馬たちのクラシックやNHKマイルへの登竜門となるか。ただ、混戦必至。 <登録:14頭> ◆ルナシオン <前走>東京1800m新馬戦を好位からレースを進めるも直線で行き場がなくなる不利。外に持ち出して、立て直して差し切る強い勝ち方。 不利を撥ね退けての勝利は立派だが、2着のウィズサクセスしか未勝利を勝ち上がってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第113回京都記念 事前検討

春の古馬戦線を占う意味で大事な一戦。牝馬2騎が人気になりそうだが、少頭数でも上位拮抗。 <登録:10頭> ◆カレンブーケドール <前走>JCでは53kgの斤量、好位のインを追走できる展開が味方したのも事実だが、歴戦の古馬を相手に2着を確保。 秋もそうだったが、休み明けに不安。陣営は今の京都の馬場も不安視しているが、今回も53…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第70回東京新聞杯 事前検討

例年良馬場ならそんなに荒れない。連対馬は6番人気以内。今年も上位拮抗となるか。 <登録:18頭> ◆レッドヴェイロン <前走>リステッドのキャピタルSで2着。雨の外差しが利かない不良馬場でドーヴァーに最内を突かれた。外から追い上げるも届かず。 負けはしたが、レース内容としては一番いい、負けて強しのもの。いまだ掲示板を外したこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第34回根岸ステークス 事前検討

今年最初のG1フェブラリーステークスの前哨戦となるこのレースだが、案外本番との関連性は薄い。本番へ向けて準備はいいか。 <登録:22頭> ◆コパノキッキング <前走>カペラSを58kg藤田菜七子で好位から抜け出して2馬身半差の完勝。 昨年もマーフィーで勝っており、得意の東京1400m。58kgでも高い評価を与えるべき。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第61回AJCC 事前検討

登録馬は少な目ながらなかなかの好メンバーが揃った一戦。仕上がりと展開がキーになりそう。 <登録:13頭> ◆ブラストワンピース <前走>凱旋門賞11着は、重い芝にさらに渋った馬場が影響しての大惨敗。度外視できるが、状態が気になる。完全ではなくともある程度本調子に近い仕上がりまで持っていければ、中山得意でもあり、期待が持てる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第60回京成杯 事前検討

明け3歳のキャリアの浅い馬たちのレースなので紛れもありそう。 <登録:17頭> ◆スカイグルーヴ <前走>東京2000mの新馬戦を持ったままで5馬身差の楽勝。内枠を生かしてすんなり先手を取ってそのままなので内容は強いが、相手は弱い。敗れたメンバーの、その後の未勝利戦の結果をみれば明らか。圧倒的な人気を背負えるか、過信は禁物。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第67回日経新春杯 事前検討

力の比較が難しい難解なハンデ戦 <登録:16頭> ◆レッドジェニアル <前走>菊花賞は見せ場なく6着。逆に負けはしたがのちの有馬記念3着馬から0.6秒差なら悪くないともいえる。確かに京都新聞杯ではのちのダービー馬ロジャーバローズを差し切っており、絶好調の鞍上への乗り替わりも加味すれば高い評価はすべき。 ◆アフリカンゴール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第54回シンザン記念 事前検討

今年から週の初めに週末の重賞レースの事前検討をして、内容をアップしたいと思います。人気になりそうな馬、有力馬、注目馬を絞って、前走のレース分析と配合を簡単に見ていきたいと思っています。 では早速。 <登録は12頭> ◆ルーツドール <前走>東京マイルの新馬戦。同じサンデーレーシングの評判馬ゴルトベルクに5馬身差の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more