テーマ:競馬

第38回ローズステークス

阪神ではなく、中京2000mとなった今年の秋華賞トライアル、ローズステークス。本番が右回り京都の内回り2000mなことを考えると、果たしてトライアルの意味を持つかどうか、いささか疑問だが、春からG1戦線を走ってきた馬が夏を越してどれだけ成長したか。あるいは夏の上り馬がいるのか、いないのか。天候も微妙なだけに一筋縄ではいかないかもしれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「第34回セントウルステークス」回顧

トライアルならダノン。ダノンスマッシュ完勝! 中京競馬場 1200m 良馬場 結果 1着⑯ダノンスマッシュ 三浦皇成 1:07.9 2着③メイショウグロッケ 3着⑦ミスターメロディ 4着⑧タイセイアベニール 5着⑪ビアンフェ 好スタートを切った⑰ラブカンプーを内からかわしてハナを切ったのは⑥セイウンコウセイ。ハナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第34回セントウルステークス

最近では、スプリンターズSの最重要ステップレースになったといえるこのレース。近年でも、タワーオブロンドンやファインニードルがこのレースからG1で結果を出している。ただ、今年は変則開催で例年の阪神ではなく、中京開催。例年なら阪神開催で唯一野芝だけターフで前が止まらないレースになるが、今年は中京。中京は比較的馬場がフラットになることが多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第56回新潟記念」回顧

ブラヴァス、初重賞をゲット! 新潟競馬場 2000m 良馬場 結果 1着⑰ブラヴァス  福永祐一  1:59.9 2着⑤ジナンボー 3着⑮サンレイポケット 4着⑧サトノガーネット 5着④サトノダムゼル 良馬場とはいえ、荒れて例年以上に時計のかかる馬場になった。好スタートを切った⑮リーププラウミルヒの内側から、⑩ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回新潟記念

夏競馬の掉尾を飾る新潟記念。毎年のことだが、開催終盤の新潟は内よりの馬場が荒れて、全体が外に膨らみやすい。それでも荒れた内側の馬場を通るよりマシなのだろう。展開と先行勢のコース取りが勝負を分けることになる。3年前はタツゴウゲキなど先行勢の前残り。一昨年は先行勢が完全に潰れてブラストワンピース以下、差し馬が上位を独占。昨年は好位から抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第15回キーンランドカップ」回顧

エイティーンガール、見事に差し切る。 札幌競馬場 1200m 重馬場 結果 1着⑭エイティーンガール 坂井瑠星 1:10.6 2着⑫ライトオンキュー 3着⑮ディメンシオン 4着⑬アスタールビー 5着⑯ヤマカツマーメイド 午前中に予報を超える雨量でかなり馬場が悪くなった。好スタートを切った⑬アスタールビーを内からか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第15回キーンランドカップ

高松宮記念での「モズ買い間違い」からまったくツキに見放されたというか、読みがまったく当たらない。いっそのこと、自分が絶対に要らないと思う人気馬から入ってみるかとも考えるが、そこまで自分を信じないのでは当たっても嬉しさ半減である。キーンランドはケンタッキー州の馬産地の競馬場で北海道とは馬産地つながりということになる。残念ながら今年は米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第56回札幌記念」回顧

ノームコア完勝! 札幌競馬場 2000m 良馬場 結果 1着①ノームコア 横山典弘 1:59.4 2着②ペルシアンナイト 3着⑥ラッキーライラック 4着⑩ポンデサール 5着⑨イエッツト 好スタート切った④ドレッドノータスを外からかわしてハナを切ったのは大外⑫トーラスジェミニ。⑥ラッキーライラックが2角ですでに2番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回札幌記念

8年間札幌競馬場に通った者にとっては一番思い入れが深いのがこのレース。在道の間、前半はダートの重賞だったが、後半は芝コースができた。ライフタテヤマに始まって、ダートの最後がダイナレター。芝の最初はグレートモンテ、最後は武豊ナリタチカラだった。芝に替わって2年目はまだ条件馬だったのちのG1馬メジロパーマーが松永幹夫騎乗で逃げ切っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第55回関屋記念」回顧

サトノアーサー、久々の重賞制覇! 新潟競馬場 1600m 良馬場 結果 1着⑰サトノアーサー 戸崎圭太 1:33.1 2着⑱トロワゼトワル 3着③アンドラステ 4着⑧ミッキーブリランテ 5着⑩ミライアイトーン 良馬場とはいえ、例年とは大きく異なりかなり時計のかかる馬場になった。ハナを切ったのは予想どおり、大外から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第55回関屋記念

雨が続いていた新潟県北部いわゆる下越地方だが、馬場の回復はどうだろうか。明らかな傾向があるレースが多い中で、夏の新潟の名物レースにもそれは言える。1番人気はむやみに切ってはいけない。連対するのは7番人気までで案外と荒れない。例年なら中京記念との関連があるので上位人気だった馬には注意がいるのだが、今年は阪神開催での中京記念なのでどこま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今週末はお休み

札幌も新潟も荒天でのダート戦。盛り上がらないので1週お休みします。 関屋記念、ビシッと決めたいなあ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第68回クイーンステークス」回顧

11番人気レッドアネモス、重賞初制覇! 札幌競馬場 1800m 良馬場 結果 1着①レッドアネモス 吉田隼人 1:45.9 2着⑨ビーチサンバ 3着②スカーレットカラー 4着⑭シャドウディーヴァ 5着⑥カリビアンゴールド 注目のハナ争いは、内側から3枠2騎。③ナルハヤが④タガノアスワドを制してハナに。タガノアスワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第68回クイーンステークス

エリザベス女王杯がまだ3歳(当時の馬齢表記は4歳)牝馬限定のころ、牝馬三冠の最後のレースへのトライアル。秋の中山で、関東の夏の上り馬にとってはいわば西下最終便だったこのレース。2000年から札幌開催で古馬に開放されて、最初に勝ったのはトゥザヴィクトリーだった。夏のレースなのでメンバーは小ぶりになりやすいが、一昨年はいまも海外で活躍す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WIN5 久しぶりにやってみた

7月26日キャリーオーバーが4.6億円あるというので、久しぶりにWin5に挑戦してみた。 Win1.新潟9R 糸魚川特別(2勝クラス 芝1800m)   ここは川田⑥レイパパレの1点勝負 Win2.札幌10R 知床特別(2勝クラス 芝1200m)   難解も北海道なら岡田さんと西山さん。それと実力上位の1番人気は押さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第20回アイビスサマーダッシュ」回顧

ジョーカナチャン、重賞制覇! 新潟競馬場 1000m 良馬場 結果 1着⑨ジョーカナチャン 菱田裕二 0:54.5 2着⑬ライオンボス 3着⑫ビリーバー 4着⑰メイショウカズヒメ 5着⑧ダイメイプリンセス 先手を取ったのは、ど真ん中から⑨ジョーカナチャン。内から④カッパツハッチ、さらに内から②ラブカンプー。⑬ライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20回アイビスサマーダッシュ

今年は天候不順の影響もあり、夏の重賞が荒れ捲っている。さらに、阪神の連続開催など異例のパターンで馬場の状態がつかみにくかったことも拍車をかけた。それにしても荒れすぎだとは思うが。おかげでWIN5は多額のキャリーオーバーが発生。狙い目ではある。そして今週からはこちらも異例の新潟・札幌の2場開催。これは東京五輪対策だったらしい。ともあれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「第56回函館記念」回顧

なんとなんとブービー人気アドマイヤジャスタ! 函館競馬場 2000m 良馬場 結果 1着⑭アドマイヤジャスタ 吉田隼人 1:59.7 2着⑥ドォーモ 3着②バイオスパーク 4着⑩トーラスジェミニ 5着⑦レイホーロマンス ハナを切ったのは予想どおり⑩トーラスジェミニ。2番手に内から早めに①レイエンダ、外から⑨レッド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回函館記念

函館記念には法則があり、一昨年それに気が付いた。一昨年は馬連本線で、昨年はそれを踏まえて馬連だけでなく万馬券の3連複もゲットできた。だからと言って、今年もそうなるわけではないのが競馬なのだが、狙っていた馬がそのとおりの枠に入ってくれると「さあ、勝負だ!」となる。勝つ馬は3番から8番のゼッケン、5番人気以内。単勝4倍以上10倍未満。昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第56回七夕賞」回顧

やっぱり福島はクレッシェンドラヴ! 福島競馬場 2000m 重馬場 結果 1着③クレッシェンドラヴ 内田博幸 2:02.5 2着⑬ブラヴァス 3着⑫ヴァンケドミンゴ 4着⑪ヒンドゥタイムズ 5着②ウインイクシード 土曜日の晩から降った雨が日曜も小降りながら続いて、あがったのは9R直前。芝は結局のところ終日重馬場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回七夕賞

荒れるレースのひとつ七夕賞。原因は天候にもよるが、ハンデと展開に依るところが大きいと思う。でも、人気薄の軽ハンデ馬が飛んでくるかというとそんなことはなく、斤量を背負った馬が勝っている。特に近5年は一昨年のメドウラーク以外の4頭はすべて57kg以上の馬。さらにこの4頭はすべて3番人気以内だった。また連対馬で見ても過去8年間は上記メドウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第56回CBC賞」回顧

アッと驚くラブカンプー逃げ切り。 阪神競馬場 1200m 稍重馬場 結果 1着③ラブカンプー  斎藤新 1:08.7 2着⑥アンヴァル 3着②レッドアンシェル 4着⑨タイセイアベニール 5着⑤エイシンデネブ 好スタートからハナを切ったのは内枠から軽量を利して③ラブカンプー。あっという間に2馬身のリードを取って、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第56回CBC賞

中京の代替開催が阪神の連続開催。例年なら終わっているはずの阪神の芝は大丈夫か。天気が怪しいだけに荒れるにおいも。勝ち馬こそ出ていないが過去10年で7番人気以下が11頭も馬券に絡んでいる。一方、軽ハンデ馬の激走はなくはないがあまり目立ってもいない。連対馬が10年間で4頭。これを多いと見るか、それとも少ないと見るか。 ◎⑦クリノガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第61回宝塚記念」回顧

クロノジェネシス圧勝! 阪神競馬場 2200m 稍重馬場 結果 1着⑯クロノジェネシス 北村友一 2:13.5 2着⑭キセキ 3着⑫モズベッロ 4着⑤サートゥルナーリア 5着⑩メイショウテンゲン 朝方の雨の影響で稍重スタートの日曜日も良馬場まで回復と思いきや10Rを前にいきなりの豪雨。30分で7mmの降水で稍重に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第61回宝塚記念

上りの勝負と言われるレースがあるのとは反対に、上りがかかるレースが宝塚記念の特徴。いわば、切れない馬、脚が遅い馬にチャンスがあるのがこのレース。もちろん、梅雨時のレースであるからパンパンの良馬場は望みにくいのも確かだが厳しい流れになりやすい傾向。それは、過去5年で3回の稍重レースがあるが、時計は2分11秒から12秒台ながら、上りはす…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「第27回函館スプリントステークス」回顧

ダイアトニック完勝!ヒモはやっぱり前残り。 函館競馬場 1200m 良馬場 結果 1着⑥ダイアトニック 武豊 1:07.5 2着⑯ダイメイフジ 3着⑩ジョーマンデリン 4着⑨フィアーノロマーノ 5着⑧シヴァージ 強引にハナを切ったのは、大外⑯ダイメイフジ。どうしてもハナを主張するような馬はいないとは思ったが、スピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第27回函館スプリントステークス

雨で湿度が高いジメジメした関東に比べて、北海道は気持ちのいい季節。函館は週末好天が続きそうで最高気温も20℃前後。良馬場でできそうだ。洋芝で力の要る馬場とはいえ、やはり小回り函館、先行馬有利になりそう。ただ、過去から人気薄が飛込んでくるこのレース。実力馬が斤量を背負うだけに紛れる予感も。さてさて。 ◎⑥ダイアトニック ○⑨フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第37回エプソムカップ」回顧

なんと東京巧者ダイワキャグニー! でもそれより... 東京競馬場 1800m 不良馬場 結果 1着⑥ダイワキャグニー 内田博幸 1:47.7 2着①ソーグリッタリング 3着⑱トーラスジェミニ 4着⑯アンドラステ 5着⑪アトミックフォース なにがなんでも行くと思っていた⑪アトミックフォースが行かずに、行ったのは大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回エプソムカップ

G1連戦も一段落したところで梅雨入り。当然のことながらこの時期は雨模様になることが多く、天気と馬場と馬の馬場適性など気をつけなければならない項目が増える分だけ難しくなる。いろいろな要素を考えすぎてぐるぐる回って、結局あまり考えないで買い目を決めた方が良かったりするが、それも競馬ではある。近2年は馬場が渋って、昨年は超スローの行った行…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「第70回安田記念」回顧

アーモンドアイ、敗れる。 東京競馬場 1600m 稍重馬場 結果 1着⑪グランアレグリア 池添謙一 1:31.6 2着⑤アーモンドアイ 3着⑥インディチャンプ 4着③ノームコア 5着⑧ケイアイノーテック 昨年ほどではないが、⑤アーモンドアイは今年もスタートで後手踏んだ。ハナを切ったのは予想どおり大外⑭ダノンスマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more