「第55回函館記念」回顧

結果1着④マイスタイル 田中勝春 1:59.62着⑥マイネルファンロン3着⑩ステイフーリッシュ4着⑤ドレッドノータス5着②アメリカズカップ ⑥マイネルファンロンを抑えて、ハナを切ったのは④マイスタイル。カツハルが軽く気合いをつけるとすっと出て、外側の⑤ドレッドノータスと⑥マイネルファンロンは控えた形。さらに外から早めに⑩ステイフー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第55回函館記念

1番人気が不振で13連敗中のこのレース。その間、連対を果たした馬も1頭だけ。昨年、過去のデータからある傾向を見つけ、見事に的中した。3連複・3連単こそハナ差で落としたが馬連はしっかりもらった。法則に気が付くとダメになることが多いが、2年連続で的中できるか楽しみでわくわくしている。そのデータは予想の中でご紹介する。 ◎④マイスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第55回七夕賞」回顧

結果 1着⑫ミッキースワロー 菊沢一樹 1:59.6 2着⑮クレッシェンドラヴ 3着⑨ロードヴァンドール 4着⑪ゴールドサーべラス 5着②アウトライアーズ ハナを切ったのは予想どおり⑥マルターズアポジー。単騎で先頭に立つと、すぐに後続を離す。3馬身後方に⑧タニノフランケルと⑨ロードヴァンドールが続き、外からは⑭ブラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第55回七夕賞

毎年のことだが、天気と馬場に困らされるうえに、この時期は年代別の力の比較の難しさとハンデにも悩まされる。七夕賞に限らず、夏競馬の始まりは梅雨の時期なので愚痴を言っても仕方がないのだが。それでも、今年は世界の女性ジョッキーの大会(ウィーメンジョッキーズワールドカップ)を制した藤田菜七子騎手の騎乗もあり、注目が集まる。7月7日菜七子で7…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「第55回CBC賞」回顧

「第55回CBC賞」について 結果 1着⑨レッドアンシェル 福永祐一 1:09.8 2着④アレスバローズ 3着③セイウンコウセイ 4着⑧キョウワゼノビア 5着⑦ビップライブリー 土曜日夜からの降雨で重馬場で始まった日曜日。降り続く雨で煙る中で不良まで悪化した馬場で好スタートからハナを切ったのは③セイウンコウセイ。⑤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第55回CBC賞

荒れるイメージの強い中京開催第1週のハンデ短距離重賞。天気と馬場、展開だけでもたいへんなのにハンデまで。この時期ゆえに天気は良いわけはなく、馬場も渋る。今年も雨予報。ただ、開幕週ゆえに芝の根付きはよく、馬場自体は速そう。比較的先行馬が好成績を残しやすいという結果が出ているが今年はどうか。 ◎⑨レッドアンシェル 〇①グランドボヌー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「第60回宝塚記念」回顧

「第60回宝塚記念」について 結果 1着⑫リスグラシュー  D.レーン  2:10.8 2着①キセキ 3着⑪スワーヴリチャード 4着④アルアイン 5着②レイデオロ 好スタートを切った⑥スティッフェリオを内からゆっくり目にかわして①キセキがハナに立つ。外からは⑫リスグラシューと⑪スワーヴリチャードの8枠2騎が前後して続き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第60回宝塚記念

今年で還暦を迎えた上半期のグランプリ。毎年のこととはいえ天気が気になる。馬場はどうか、展開はどうか。春天組が人気を裏切ることが多くそこそこ荒れているのは周知の事実。今年の場合は、天皇賞からの参戦自体が少なく、掲示板も4着のエタリオウだけ。人気は前走大阪杯組と海外組になりそう。さて、どうなる。 ◎②レイデオロ 〇①キセキ ▲⑫リ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「第26回函館スプリントステークス」回顧

「第26回函館スプリントステークス」について 結果 1着⑩カイザーメランジェ 江田照男 1:08.4 2着⑪アスターペガサス 3着⑬タワーオブロンドン 4着⑦ダイメイフジ 5着②ペイシャフェリシタ この頭数になって、余裕でハナを切ると思った⑦ダイメイフジは渋った馬場が影響してか行きっぷりが悪く、代わってハナは⑩カイザー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第26回函館スプリントステークス

本州の梅雨空を吹き飛ばすようにきれいに晴れ渡るこの時期の函館競馬場。例年なら羨ましいと思う青空がみられるはずだが、今週末は函館まで雲が行ってしまったよう。洋芝、雨、開幕週といろいろな要素が絡み合う。さらに、いきなり来た禁止薬物使用による大量出走取り消し。これでは競馬にならない。どうなることやら。 ◎②ペイシャフェリシタ 〇⑪アス…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「第36回エプソムカップ」回顧

「第36回エプソムカップ」について 結果 1着⑨レイエンダ   C.ルメール  1:49.1 2着⑥サラキア 3着④ソーグリッタリング 4着①ショウナンバッハ 5着⑫ブレスジャーニー 雨の中、なんとか稍重馬場でできたが、スタートでハナ争いをすると思った⑤アップクォーク出遅れる。さらに絶対に行かなければいけないはずの⑭ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第36回エプソムカップ

G1の祭りと宴が終わって、雰囲気的には吉田拓郎か中島みゆきの気分になりつつある6月第2週の日曜日。テンションは下がり気味。そしてそろそろ梅雨のはしりが心配される時期で毎年のように馬場を気にしながらの予想になる。昨年に続いて今年も微妙な天気になった。昨年、メイステークス3着のサトノアーサーが勝ったのでローテーション中2週の馬は勝てないとい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「第69回安田記念」回顧

「第69回安田記念」について 結果 1着⑤インディチャンプ 福永祐一 RR1:30.9 2着②アエロリット 3着⑭アーモンドアイ 4着⑥グァンチャーレ 5着④サングレーザー 好スタートを切った⑥グァンチャーレをゆっくりと内からかわしてハナに立ったのは予想どおり②アエロリット。⑤インディチャンプが直後にいて、外から⑯ロジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第69回安田記念

逃げ・先行馬には厳しい結果になりやすいこのレース。過去10年で逃げて結果を残したのは2度連対したロゴタイプだけ。そのロゴタイプもともに8番人気でのもので、上位人気で逃げたのは14年のミッキーアイル(2番人気16着)くらい。勝ち負けできるレベルの馬が逃げていないともいえる。この東京連続開催は馬場が非常によく、好時計が連発されている。前が止…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「第86回日本ダービー」回顧

「第86回日本ダービー」について 結果 1着①ロジャーバローズ 浜中俊 2:22.6 2着⑦ダノンキングリー 3着⑬ヴェロックス 4着⑥サートゥルナーリア 5着⑨ニシノデイジー 1番人気⑥サートゥルナーリアが出遅れる中で、好スタートを切った①ロジャーバローズを制してハナを奪ったのは⑮リオンリオン。外枠から押して押してハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第86回日本ダービー

過去に無敗の皐月賞馬はセントライトから数えて16頭。その中で、無敗のままダービーを制したのは6頭だけ。51年トキノミノル、60年コダマ、84年シンボリルドルフ、91年トウカイテイオー、92年ミホノブルボン、05年ディープインパクト。これを多いと見るか少ないと見るか。ミホシンザンやアグネスタキオンをみるといかに無事でレースを終われるかとい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「第80回優駿牝馬(オークス)」回顧

「第80回優駿牝馬(オークス)」について 結果 1着⑬ラヴズオンリーユー  M.デムーロ  RR2:22.8 2着⑩カレンブーケドール 3着②クロノジェネシス 4着⑫ウィクトーリア 5着⑧ダノンファンタジー ハナはどちらかと思ったら、好スタートから①ジョディーが逃げ、③コントラチェックは2番手に。少し開いて⑤エ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第80回優駿牝馬(オークス)

桜花賞馬が不在となった今年のオークス。過去20年で桜花賞馬のいないオークスはたったの4回しかない。直近2回のうち、1回はダイワスカーレットが感冒で取りやめた07年。勝ったのは福永祐一騎乗のローブデコルテ。桜花賞4着馬だった。もう1回はジュエラーが故障でいなくなった16年。勝ったのは池添謙一騎乗のシンハライト。桜花賞2着から頂点に立った。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「第14回ヴィクトリアマイル」回顧

「第14回ヴィクトリアマイル」について 結果 1着④ノームコア D.レーン R1:30.5 2着⑨プリモシーン 3着③クロコスミア 4着⑥ラッキーライラック 5着⑪アエロリット 好スタートを切ったのは①アマルフィコースト。さらに③クロコスミア、⑦ミッキーチャーム、⑥ラッキーライラック。行き脚のつかない⑪アエロリットはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第14回ヴィクトリアマイル

マイルチャンピオンシップを創設から11連勝したり、今年もマイラーズカップを仕留めたり、関西圏のマイル戦の好成績に比べて、馬券の相性の悪い東京のマイル。さらにG1はもっとひどい。昨年も書いたが、このレースは創設以来批判をし続けていることもあってか、まったく当たらない。記憶が正しければ、アパパネ-ブエナビスタと昨年の2度のトリガミがあるだけ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more