第80回優駿牝馬(オークス)

画像
桜花賞馬が不在となった今年のオークス。過去20年で桜花賞馬のいないオークスはたったの4回しかない。直近2回のうち、1回はダイワスカーレットが感冒で取りやめた07年。勝ったのは福永祐一騎乗のローブデコルテ。桜花賞4着馬だった。もう1回はジュエラーが故障でいなくなった16年。勝ったのは池添謙一騎乗のシンハライト。桜花賞2着から頂点に立った。今年の桜花賞2着馬はシゲルピンクダイヤ、4着馬はダノンファンタジー。福永騎乗はビーチサンバ、池添はメイショウショウブ。さて、今年はどうなるか。

◎⑬ラヴズオンリーユー
〇⑧ダノンファンタジー
▲⑪シゲルピンクダイヤ
△④シェーングランツ
△⑯ビーチサンバ
△②クロノジェネシス
☆⑫ウィクトーリア

馬場状態:良馬場(週中の雨の影響が心配されたが、日に日によくなっているので今週も高速馬場。先行馬有利で差し馬はあまり後方からでは脚を余すことも。)
  東京:2回東京開催12日間中2週Bコース(2週目)
  京都:3回京都開催12日間後3週Dコース(2週目)

展開:ハナを切ったら負けていない③コントラチェックが逃げるか。①ジョディーが1番枠を引いたのでハナはこちらか。何が逃げるにしてもスタミナはドンと来い!っていう先行馬がいるわけではないのでハイペースにはならず平均ペースか。

本命は⑬ラヴズオンリーユー。これは桜花賞に出走できていれば、その時点でも重い印を打つつもりだったので予定どおり。展開は若干先行馬有利だと思うが関係ない。オークスはあまり血統や展開が大きな要素になりにくくなっており、中心はあがり時計。不利のない枠を引けたので、初輸送後の状態は良く見る必要があるが個人的にはアクシデントがなければ頭鉄板、軸不動、100%勝てると思っている。一番人気なら堂々と受けて立つ。

相手には⑧ダノンファンタジー。桜花賞後の調子落ちが心配だが、配合から考えてもこの馬は早熟のマイラーではない。桜花賞はグランアレグリアに競り潰されてしまった形で最後歩いてしまった。そのおかげで2・3着を拾った馬に今回は先着させないと見る。ハイペースにならなければ、昨年のラッキーライラック以上の走りはできるはず。

3番手は悩んで⑪シゲルピンクダイヤとした。配合的には好きじゃないが、過去2戦結果が出ているので。上記したようにオークスはしっかり上がってこれる馬が上位になっている。もちろん、脚を余す怖れもある。

穴で④シェーングランツ。不器用で手前の変え方も下手で、右回りもダメな馬がやっと左回りの直線が長い広いコースで走れる。馬場は速いと思うのであまり後ろになると脚を余す危険性が高いが、鞍上が渾身の力で追ってもぎ取ったダービーのアドマイヤベガやキズナの騎乗ができれば、まさかのシーンも。もう1頭は⑯ビーチサンバ。母親同様なんかワンパンチ足らないが堅実でよく走る。桜花賞でも2・3着とは位置取りや追い出しのタイミングの違いだけで大きな差はない。枠が少し外になったが福永に昨年のダービーを思い出させれば。

押さえに②クロノジェネシス。半姉が先週勝って骨折。長距離血統の父に替わっているが、配合的にはあまり好きではない。切れもスタミナも中途半端なイメージ。もちろん、実績は認めるが馬場が速いのであまり後ろからでは届かない。いくら後ろでも中団が限度だと思う。内で馬群を捌ききれるか。

最後に⑫ウィクトーリア。先行するならいらないが、前走同様差しに回ったときはあるかも。前走の出遅れが怪我の功名で、完全に脚質転換していたら要注意。

③コントラチェックは逃げられない危険性と勝ったのがスローのマイペースの逃げなので評価を下げた。レーン騎手が、差し馬に比べて逃げ・先行馬ではあまり凄みがないのももうひとつの要因。あっさり勝たれるかもしれないが。1着あって2着なしとみる。

近年は人気上位の馬で決まることが多くなったオークス。7番人気以下は来ていないが今年も傾向は変わらないか。
Good Luck!

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2019年05月19日 07:03
おはようございます。
具合如何ですか?
私もいろんな意味で眩暈が(^^;
馬券に関してが最大の要因
何を買っても(1番人気)当たる気が
まったくしない・・・
今回も人気どころを信じ切る気には
なれないので、ますます当たる気が?
散々悩んで爆穴にねらったのが10
デビュー戦でダノンキングリー
前々走でクロノジェネスらと
差のないレース
前走でも早い上がりを繰り出し
勝負根性を発揮
府中も歓迎の口なら狙わずにいられない?
相手にやはり東京で実績のある2・7
10の単複
2・7・10の馬連・ワイドBOX
ダノン、ラヴズを含めた5頭3連複BOX

桜で狙ったノーワンがすげー気になりますが
さすがに買い目が増えてしまうので消し
ウメノファイバーに教わった
「桜で狙った馬は樫でも狙え」の教訓
が生きない事を願います。
みすたあしいびい
2019年05月19日 14:22
ロバノパンヤさま
ありがとうございます。めまいは回復傾向です。光栄なことに澤穂希さんもなったもので、安静よりもできるだけ動いた方がいいようです。
それにしても、10とはなんだっけと確認してしまいました。まったくノーマークでした。
ちなみに、予想に書きませんでしたが、桜花賞馬のいないオークス。ローブデコルテの前はシーザリオでやっぱり桜花賞2着、鞍上は福永でした。さて、さて。

この記事へのトラックバック

  • 「第80回優駿牝馬(オークス)」回顧

    Excerpt: 「第80回優駿牝馬(オークス)」について 結果 1着⑬ラヴズオンリーユー  M.デムーロ  2:22.8 2着⑩カレンブーケドール 3着②クロノジェネシス 4着⑫ウィクトーリア 5着⑧.. Weblog: ターフの風~これが史上に残る三冠の脚~ racked: 2019-05-19 22:07