第55回京都大賞典

uma_e03.png

秋の長雨と台風の影響を受けやすい時期になってきて、今年も雨の週末を迎えた。東京は日曜日も雨模様が続きそうだが、西日本は天気が回復して夏日の予報。昨年は荒れたこのレースだが、今年はどうなるか。あくまでも目標が先のメンバーとこのレースだからこそあわよくばと思っているメンバーとで微妙なところ。さらに馬場状態も微妙で注意が必要になりそう。

◎②キセキ
◯①ダンビュライト
▲⑰キングオブコージ
△⑮パフォーマプロミス

馬場状態:稍重馬場(土曜日は台風の影響で雨の不良馬場。かなり時計のかかる状態だった。芝の根付き状態はいいはずなので、焦点は馬場がどこまで乾くか。芝の状態が良く、内から馬場が乾くと先行馬が有利になる。内枠・先行馬に有利な馬場になると考えたい。)
  京都:4回京都開催8日間全4週Aコース(1週目)
  東京:4回東京開催8日間前3週Aコース(1週目)
  新潟:4回新潟開催6日間全3週Aコース(1週目)

展開:どうしても行きたい馬が見当たらず、行くのは内枠を引いたこともあり昨年同様①ダンビュライトか。出遅れなくてもハナを切らなくなった②キセキは控えるレースになりそう。それ以外でも好位で行きたい馬は案外多く、序列が決まるまでは脚を使わされる馬もありそう。スタートから直線が長いので微妙だが平均くらいで多少スローになる程度か。

本命は②キセキ。出遅れたり、引っかかったりと癖が強く初騎乗で御すのは難しいかもしれないが、浜中はこの後も乗るらしいのでそれなりに気合が入っているはず。だからと言って、勝てるかというとまったく勝てていない現状を考えればリスクが高い。一応中心視といったところ。逃げないまでも先行策は取りうるベストな方法なので、そのための浜中起用と考えたい。

相手には①ダンビュライト。馬場状態でも書いているとおり、先行馬が有利になりやすい馬場状態が想定される。昨年好走しているとはいえ、その他のレースでは好走できていない。去勢明け3戦目。状態はいいようなので、もう一度狙ってみる手。

3番手は⑰キングオブコージ。中長距離路線に変更してから、4連勝で目黒記念を勝って重賞ウイナーに。大外枠でどうかだが、前走こそ後方待機だったがそれまでは前でレースをして結果を出しており、無理なく先行できればチャンスは充分。ロードカナロア産駒だが、生きている血は明らかにスタミナ優位であり、典ちゃんの進言での路線変更は正解。今回は57kgの斤量に加えて、元来切れ味には不安があるが、馬場が湿っていてくれる方がありがたいはず。典ちゃんといえば、京都の2400mはかつてエリ女で「(メジロライアンで菊花賞を負けた後の)1週間遅れの18番」と呼ばれたキョウエイタップで大外枠を克服したことを思い出す。逆転するならこの馬。

押さえに⑮パフォーマプロミス。すでに8歳馬。だが、キャリアは21戦と休養期間が長くあまり使い込まれていない。前走鳴尾記念を勝っているようにまだ衰えを見せていない。馬場が渋った状態だと不安があるが、乾くとチャンスが出てくるはず。状態は鳴尾記念以上と関係者も太鼓判なので、あとは馬場とこのメンバーでも通用するかだけ。

毎日王冠は、見るレースにする。馬場が渋った状態が残りそうなうえに、サリオスと古馬の比較が難しい。面白そうなのはダイワキャグニーとトーラスジェミニ。最近は見るレースの予想が当たって、勝負レースを外すパターンが続いているので買ってみるのもいいかも。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント