第65回有馬記念

uma_e03.png

JC上位3頭が出走しないことで寂しくなるかと思ったが、そんなことはなくなかなかのメンバーが揃った今年の総決算有馬記念。データ的には内めの枠を引いた5歳以下の上位人気の馬が好結果を残している。ところが、単勝4倍から6倍のレンジに入った馬は14年以降悉く馬券圏外に敗れている。18年キセキ5.9倍、17年スワーヴリチャード4.5倍、15年ゴールドシップ4.1倍、ラブリーデイ4.5倍、リアファル5.6倍、14年エピファネイア4.0倍、ジャスタウェイ4.6倍。今年もそのレンジに有力馬が入りそうだが、記録は続くのか、破られるのか。

◎⑨クロノジェネシス
◯④ラヴズオンリーユー
▲⑩カレンブーケドール
△⑬フィエールマン
△⑥キセキ
△⑤ワールドプレミア

馬場状態:良馬場(中山開催はすべてAコースで4週目。土曜日のレースは良馬場でクッション値は10.5。硬い馬場のはずだが時計がかかる。内側が荒れているというのではなく、外差しはほとんど決まらない。先行力とスピードの維持、器用さと一瞬の切れ、総合力が求められる。)
  中山:5回中山開催8日間全4週Aコース(4週目)
  阪神:6回阪神開催8日間後3週Bコース(3週目)

展開:逃げるのは①バビットか⑥キセキか。やり合うのか譲るのか、それによってレース展開が大きく変わる。逃げなくてもレースができるキセキがバビットに行かせて、離れた2番手をキープすると流れは案外落ち着きそう。競らないと見る。時計のかかる馬場でそれでなくても後方待機には厳しい追い込みにくい状態。さらにスローに流れるとやはり半分より前でないと勝ち負けできない。

本命は⑨クロノジェネシス。アーモンドアイを速い時計の決着であと一歩まで追い詰めた内容は秀逸で、同馬を秤にかければ、JC組よりはこちらの天皇賞組が上。2000mで時計ひとつからひとつ半くらい力の要る馬場になっている現状もこの馬に有利に働くはずで、天皇賞でのフィエールマンとの差は充分逆転できる。軸はこの馬。

相手には④ラヴズオンリーユー。使われつつ良化している。勝ち負けを意識している陣営のコメントを見ても今回はかなりいいはず。まともに状態が戻ればオークス馬でもあり、同期のカレンブーケドール、クロノジェネシスには負けない。底力もあるので逆転まで。

3番手には⑩カレンブーケドール。クロノジェネシス同様、アーモンドアイに迫った脚は確かで時計のかかる馬場も歓迎のはず。津村は確かに上手いジョッキーだが、勝負となると池添のハラの座った騎乗が頼りになる。JCでは内枠を引きながら少し後ろからになってしまった分、切れないこの馬には不利になった。今度は当時より時計がかかる馬場。好走できる。

押さえに⑬フィエールマン。天皇賞では後方待機から長い直線で一気に追い込んできた。最後はクロノジェネシスもかわしたが、時計の出る東京の馬場から、時計のかかる馬場に替わってどうか。不安はさらにこの外枠。これまでも多くの人気馬が外枠に泣かされている。冒頭のキセキ、スワーヴR、ゴールドシップ、リアファル、エピファネイア、ジャスタウェイ、みな2桁馬番だった。押えまで。

穴でしつこく⑥キセキ。年齢は重ねたが、状態面はかなり良さそう。①バビットに行かせて、スローの2番手で折り合えないか。角居師最後の有馬記念。最後は馬(ラッキーライラック、サラキア)だけじゃない。でも6歳馬は来ないんだよ。

そのラッキーライラックは距離も長いし、時計のかかる馬場も向かないと思うので切るつもりでいる。少なくとも大阪杯のようにクロノジェネシスに先着することはあるまい。

最後の最後で⑤ワールドプレミア。いかにもこのレースに合わせてきた昨年の菊花賞馬で、このレースの3着馬。なぜかこのレースは3着のリピーターが多い。トゥザグローリー、ゴールドシップ、シュヴァルグラン、10年で3頭が連続3着。さらにキタサンブラックは3年連続複勝圏、ゴールドアクターも2年連続複勝圏。今年その資格があるのはワールドプレミア1頭だけ。4歳牡馬はレベルが低いので半信半疑だが。

今年最後のG1。良い年をお迎えください。
Good Luck!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロバノパンヤ
2020年12月27日 01:24
こんばんわ
いよいよ大詰めの有馬記念
思えば今年1年よく開催してくれた競馬界
無観客でなければ史上最高の盛り上がりだったのでは?
終わり良ければ総て良し
当てて締めくくりたい。
気持ちではカレンに勝って貰いたい
最近ではオークスで本命に指名したのが最大の発掘だったので
かなり思い入れのある馬
出来れば津村とのコンビで勝ってほしかったが鞍上を変えてきたのも
陣営の並々ならぬ思いを感じる。
相手は人気でもクロノジェネシスとフィエールマン
当てて終わりたいので3頭軸の3連複で行きます。
ヒモに1・4・5・6・7・12・14
これでハズれるようならもうしょうがないでしょう。
大変な1年だった2020
無事に乗り切れただけで儲けもんか?
来年は当たり前の日常が取り戻せるよう願うだけ
それではよいお年を
お疲れさまでした。
2020年12月27日 02:51
ロバノパンヤさま
今年も1年間お付き合いいただきありがとうございました。最後はビシッと決めましょう。よいお年を!
タグハイヤー
2020年12月27日 07:44
お世話になりました。
来年も楽しみにしております。
良い年をお迎えください。
2020年12月27日 12:06
タグハイヤーさま
お付き合いいただきましてありがとうございました。
よいお年をお迎えください。